君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛を知り、なおも一人でいる時
僕は、人といる時に心から安心する
関係性の中の、愛に埋没し
そして、それを絶対視する
孤独は、不快なものであると決め付けて
胸の痛みから逃げるように
誰かを求める

だから世界平和を謳い
人々を価値あるものと捉え
宗教を信じ
そして、神様を求める

だけど、この世に僕が一人ならば
この世界が実は一人ぼっちだと気づいたら
そこにあったのは、とても悲しくも穏やかな気持ち

緩やかな時の流れを受け入れ
自分が何もせずに時が流れていくのを受け入れた時に
湧き出る、心

理論も感情も感覚も薄れ
世界の一つである自分
世界が自分である時間
その瞬間の悲しくも穏やかな時間

それはいったい何なのだろう
愛とはなんだ
平安は人と人との間にあり
そして人と人との間に、決して無い

生き急ぐことを辞め、諦めた時に出るもの
僕もアジア圏の人間だということか
達観していても、何も始まらない
だけど、何も終わらない
時間の軸は進まず、世界は平面の一枚の絵になる

この世界が分からない
愛が分からない
神様が分からない
何より、自分が分からない

だけど、止まれない
止まる気も無い
自分の思想、信念、理想
その全てもがくだらなく
また、価値の無いものだということを僕は自分に言う

そのままに生きて
何を得ても、もう満足しないことは分かっている
次の世代に期待することすら傲慢だと言う事も分かっている
救いが欲しい

依存、自立、その2つの間で迷う心
僕は何も傷つけたくない
誰にも傷つけられたくない

生も死も、今はどうでもいい
僕は揺ぎ無くなりたいんだ





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/99-4b7be9c2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。