君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詩を書きました
詩なのかな?
とりあえず、思いついたので書いてみました


「狂いたい」
狂いたい
この逸脱した感情に身を任せて
煙草の火がじりじりとその身を焦がし、その吸殻が地面に捨てられ
なおも分解されずに、塵としてその身を残すように
この世界から、煙という形で溶け込みながらも、その後が人々から忌み嫌われるように
狂いたい
なおも狂いたい
何かに繰られるように、脳内の何かに操られるように
身を任せて
そして、そこに飛び込み
大切なものが、何もかも壊す対象にしか見えなくなるまで
そして、その狂気を見つめ静かに笑い
その先にある愉悦を、噛み締めながらその先を生きていたい
その時に、大地震、隕石が落ちてきたとしたらなんともったいないことだろう
人間の狂気の果てにある、愛の果てと同じものを見るその詩悦
そこに飛び込みたい
知識を蓄え、なおその知識を笑い飛ばし、脳内の全てのニューロンの働きを分かりなおそれを越えた感情を
感情というにも、もはやもったいないその感覚を
熱が引く前に
この、心のどこかから沸きあがる熱が、心の泉に消される前に
燃やしつくし、なおも生きたい


僕は、世界平和を心から望んでいます
だけど、一方でこういう気持ちも確かに存在する
人間ってそういうものだろう?
だから、僕はまだまだ人間が分からない





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
いつも素晴らしい議論を感謝します。

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
私の実践するべき基本中の基本となる御言葉ですが、私にとって、隣人という定義には、
当然ながらノンクリスチャンを含みます。
今、ノンクリスチャンという状態の人も、また、教会・教派が違っても、カトリックの人でも、
住む土地や職業や境遇が違っても、実際に対面対象となれなくても、先輩でも後輩でも、
今、分け隔てなく偏見なく同等に愛を実践せよ、という神の教えなのだと
私は受け止めています。
ですが、実際には、その分け隔ての壁をまだまだ高くお持ちの方が多すぎるのだという現実を、
私は主の特別の計らいによって、この身をもって数多く体験させていただきました。
主から特別に見せていただいたこれらの現実が、これから自分の賜物の糧としてどう吸収されていくのか、
主に全てお任せしつつ、静かに受け止め考えている今日この頃です。

「神=愛を代入」という先のコメントもありましたが、私もなるほどなと思いました。そして、
「愛の無いクリスチャン」「愛が無くて苦しんでいるクリスチャン」を同じように代入すると、
「神の無いクリスチャン」「神が無くて苦しんでいるクリスチャン」となり、
それだとノンクリスチャンと大差ない状態になってしまうなぁと、私は感じました。
なんとも意味深い代入だなと思います。

この8月という月。日本人としても、我が心の中に愛なる神が住んでくださっている者の一人としても、
私も一重まぶたさんや、他の皆さんと同じように、深く強く本物の世界平和を願い望み、
祈り、自己点検し、なお主にあって我が賜物を活かされ、愛の実践を目指す者でありたいと思います。

これからも、ぜひ拝見させてください。
でも、どうかあんまり疲れすぎないようにしてくださいね。
【2008/08/10 23:12】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

>Mieさん
お気遣い、ありがとうございます。
僕たちは、信仰がどうこうと言いすぎて、たまにMieさんが仰る「隣人を愛せ」という言葉を忘れがちになるものだと思いました。
というより、今の僕がそうだったと言えます。
そのことに、気づかせてくださったことにまず感謝です。

>「愛の無いクリスチャン」「愛が無くて苦しんでいるクリスチャン」を同じように代入すると、
「神の無いクリスチャン」「神が無くて苦しんでいるクリスチャン」となり、
それだとノンクリスチャンと大差ない状態になってしまうなぁと、私は感じました。

確かに、その通りですね。
愛が無いと信仰が無意味になってしまう。
この、考察は新しくてとても良い刺激になりました。

世界平和を望み、愛が実践できるような者に僕もなりたいと思います。

それでは、また。
【2008/08/11 03:01】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

> 僕たちは、信仰がどうこうと言いすぎて、たまにMieさんが仰る「隣人を愛せ」という言葉を忘れがちに
> なるものだと思いました。
> というより、今の僕がそうだったと言えます。

いえいえ。一重まぶたさんのコメントのお返事一つにしても、議論を交わしておられる皆さんにしても、
限りある言葉を尽くして、限りない愛についてなんとか表現しよう、一欠けらでも伝え合おう、
一箇所でも通じ合おうと、時間を使いあって取り組んでおられる姿は、
私には、それぞれ尊敬すべき愛の実践にしか見えていませんよ。
議論の賜物はちょっとない自分にとっては、本当に感謝しきりです。
これからも、一つ一つ、大切に長く続くことを私は願っています。

それでは、また!
【2008/08/11 11:45】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

>Mieさん
そう、言っていただけてとても嬉しいです。
限りない愛をどうやって、表現すればいいのかを求めるのはやはり人との間に見るしかないのでしょうね。
僕も、この交わりが長く続くことを願っています。

それでは。
【2008/08/11 16:31】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/97-b8009ea2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。