君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大宣教命令を信じているのなら、毒を飲んでくれないか
大宣教命令がなぜ、マタイによる福音書からなのかが疑問だった
マルコによる福音書にも同じように、書かれているのに
なぜ、マタイによる福音書だけが取りざたされるのかが、僕には疑問だった
その疑問が僕は少しだけ解けた気がした

マルコによる福音書には、マタイによる福音書に書かれていない一節がある

マルコ16:17~18 信じるものには、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らは私の名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、へびを掴むであろう。また、毒を飲んでも決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる。

君が逐語霊感説を信じて、大宣教命令を聞くというのならば毒を飲んでくれ
そして、決して害を受けないということを証明してくれ
それが、出来ないのならば大宣教命令を語ることも逐語霊感説を語る資格もない
なぜなら、その時点で聖書の言葉を取捨選択しているからだ
あれは、する けど、これはしない
それじゃあ、スジが通らない
だって、そうだろう?
一部だけを切り取って、他の部分を捨てることは逐語霊感説では一番のタブーのはずだもの

神さまを試してはならない、と言うかも知れない
しかし、その言葉は無意味だ
僕は、神さまを試してなんかいない
僕は、君を試しているんだ
僕は、人を試しているのだから
それは、聖書で禁止されていたっけかな

僕が伝えたいのは、本当はこんな皮肉じゃない
もっと痛烈な批判だ
信仰よって救われる、信じなければ地獄に行くと言っている人たち
そして、その根拠を聖書に求める人たち
その人たちは実は、自分達が主張するように聖書の御言葉に従っていないという事実
自分の好いように聖書を使っているという事実
僕はそれを、伝えたい
そのくせに、未信者には地獄に行くと伝える
そんな現実が許せるか




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
こんばんは。一重まぶたさん。
僕は、神さまを試してなんかいない僕は、君を試しているんだ。僕は、人を試しているのだからと言われますが、あなたはそれでOKだと思います。
けど、その言葉通りに私が毒を飲んだら、私が神様を試すことになるのでやめておきます。
信仰よって救われる、信じなければ地獄に行くと言っている人たち
そして、その根拠を聖書に求める人たち。その人たちは実は、自分達が主張するように聖書の御言葉に従っていないという事実。
あなたの言われることはもっともだと思います。
私達クリスチャンは、完全には御言葉に従いきれていないからです。
パウロでさえも「私は、私のうち、すなわち、私の肉のうちに善が住んでいないのを知っています。私には善をしたいという願いがいつもあるのに、それを実行することがないからです。 私は、自分でしたいと思う善を行なわないで、かえって、したくない悪を行なっています。 もし私が自分でしたくないことをしているのであれば、それを行なっているのは、もはや私ではなくて、私のうちに住む罪です。 そういうわけで、私は、善をしたいと願っているのですが、その私に悪が宿っているという原理を見いだすのです。」とローマ8章で言っています。
それは神様も御存知です。救われていても、不完全な足りない、弱い人間であることは変わりありません。ただ罪を許されただけのものです。でもだからと言って従わなくてもいいと思ってはいません。従いたいから罪や誘惑や邪魔する者から助けて、守ってといつも神様に願い、悔い改めつつ歩んでいるものです。
こんな私達を神様は決して見放しはしません。
だから又前を向いて進んでいけるそんなものなのです。
でもそれだからといって、聖書が警告している地獄についての真理は誤りだということにはなりません。
私達は救われたから、高みの見物をする気でいるのではありません。
どんなに恐ろしいところから救われたのか分かるから、危険が愛する人々に及ばないように皆が救われて欲しいから伝道するのです。
【2008/08/10 03:37】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
あなたが、「神さまがいるなら、毒を飲んでも大丈夫」と思えば神様を試すことになりますが、「私に信仰があるなら、毒を飲んでも大丈夫」と思えば、自分を試すことになり神を試すことにはなりませんよ。
また、クリスチャンが聖書の御言葉を守っていなくても弱くて不完全なな人間だから、神さまもそれを分かってくださるから、と言いますね。
なぜ、その理論はノンクリスチャンには適用せず自分達だけには甘くなるのでしょう。
また、僕が問題にしているのはそこではありません。
守れないのではなく、あえて守ろうとしていないことに怒りを覚えるものです。
逐語霊感説を唱えておきながら、平気な顔で律法の一部分を切り取るその姿勢。
不品行は駄目だと言っておきながら、言うことの聞かない息子は殺さない。どちらも申命記にも書いてある御言葉なのに。
パウロはこう言っている、と主張はするが「女性は教会で喋るな」という言葉は平気な顔で無視をする。
それのどこが逐語霊感説なんですか?
【2008/08/11 02:46】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一重まぶたさん、私が問題にしている事は、その毒を飲む動機です。飲む必要もないのに飲む事は何を意味しているのでしょう。毒を飲む最終目的が「飲んだ結果神がどうするのかを実験する」事なら、神を試すことでなくて何なのでしょう
クリスチャンの生活は神の御心の中を生きたいと願い行動するものです。
食事をとることは神の御心かなんて事は考えませんが、毒を飲む事は神の御心かはさすがに考えて行動します。しかもクリスチャンは聖霊が住まわれる神の宮と聖書で明言されているし、クリスチャンは神の子供でもあります。
私達の所有は神様のもの、その私達が自分を試すことは神様を試すことになります。ダニエル書で3人の友がライオンの中でも守られました。しかしあの3人が何の必要もないところで自らライオンの中に入ったとしたら、神様は守ったでしょうか。
不品行は駄目だと言っておきながら、言うことの聞かない息子は殺さない。どちらも申命記にも書いてある御言葉なのに。んー、ごめんなさい。34章じっくり読んで見つける時間がありません。どの個所のことですか?
パウロはこう言っている、と主張はするが「女性は教会で喋るな」という言葉は平気な顔で無視をするとのことですが、無視はしていません。ちゃんと読み理解しているつもりです。
実は私の母教会はそれを守っていました。証しも姉妹はしなかったし、会衆の前で祈ることはありませんでした。そして祈る時は必ずかぶり物をしていました。
でもだからといって日本人にとってありえない1テサ 5:26「 すべての兄弟たちに、聖なる口づけをもってあいさつをなさい」他パウロは3回、ペテロは1回命じている事をしていませんでした。一重まぶたさんがそういう部分で神様の言葉を守っていないという事なら私達の教会は今日守りきれていません。
今の殆どの教会は初代教会からかけ離れたやり方をしていますよね。ある意味その部分で誠実に守りとおしている人々はアーミッシュの方々かもしれません。
パウロは確かに喋るなと命じました。それはなぜなのでしょう。パウロが11章16節で言っているようにその時代の教会の習慣はそうだったのです。
しかし一部の婦人が習慣であるかぶり物をしないで祈りや預言をして教会に混乱を与えたのです。
パウロが言いたかった事の本質は習慣であるかぶり物をつけるかつけないかの表面的な事では無く、その行為の結果である教会に混乱を与えたり秩序を乱してはいけないと言う事です。
今日私達が教会の秩序を乱すことを行えばパウロの命令を守っていないことになると私は思います。
また、聖なる口づけをしなくても、別な心からの愛情表現をするなら、パウロの言いたかった本質的な事を守っていると思います。そして教会もやはりこの地上においては完全ではないので、神様の命令を完全に守ることはできません。黙示録2,3章で神様が教会を批判されている個所がありますが、私達もいつか神様の前で自分たちの教会に対する非を完全に受け止める時がくる事でしょう。

【2008/08/11 13:47】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

すみません、訂正です。
3人はライオンではなく燃える炉の中から助け出されました。ライオンはダニエルの方です。
【2008/08/11 14:06】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
申命記21章18節以降に書いてありますよ。
しかし、私には分からないのはあなたはパウロの言葉について不都合な部分は歴史的、文化的背景を考えて読むのになぜそれ以外では、それをしないのか?という思いです。
パウロの言うことについては、全くかあちゃんさんの言う通りだと僕も思います。
なぜ、その読み方を他の箇所ではせずに、思考を停止したかのように「聖書に書いてあるから」と言うのですか?
【2008/08/11 16:29】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一重まぶたさん、箇所を示して下さりありがとうございます。結構スルーして読んでいたのか、こんな個所があったのかと新発見させられました。
不品行は駄目だと言っておきながら、言うことの聞かない息子は殺さない。あれっ? 21節によると言う事を聞かない息子は殺されなければならないと書かれていますよ。
しかし、私には分からないのはあなたはパウロの言葉について不都合な部分は歴史的、文化的背景を考えて読むのになぜそれ以外では、それをしないのか?という思いです。とありますが、ごめんなさい。私はどういう部分でとか具体的に指摘してもらわないとどの事を言われているか結構鈍くて理解が出来ないのです。もう少し私の書いたどの部分について言われているか教えてください。
【2008/08/11 21:23】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

マルコから引用しない理由
マルコの宣教命令が書かれている16章15節は、
聖書本文として認められないので、引用しないのです。
マルコ16章9節以下は、後代の写本にしか存在せず、ここの部分ははじめからなかったか、失われたと考えられています。なので、ここは逐語霊感の議論の対象になりません。。
【2008/09/27 09:35】 URL | 通りがかり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/96-9ae4952b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。