君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何も証明できない、何も知らない、だけど何かは出来る
人間が「証明」という概念を考え付き
そして、それが不可能だということを証明した
妙なパラドックスだけどそれが事実なんだ

だから、本質的に僕たちは何も知らない
何も証明できていないから
僕等はただ、「信じている」だけ

もっと、端的に言うならば
この世に事実などなく、全てが仮定の下に動いている
だから、僕等の信仰は信仰止まりだ

クリスチャン達がこの世の人に言う言葉の中にこんなものがある
「よく、神さまいないって信じているよね? そっちの方が驚きだよ」
これは、半分は正解だ
神さまがいないというのも確かに信仰の一つだ
だけど、それを驚くのは間違い
なぜなら、神さまを信じているのも信じていないのも知識的なレベルでは何一つ変わらない
どちらかがどちらかを卑下した時点で、自分を無意味に正に無意味に絶対化しているだけに過ぎなくなる
その姿は虚しい

僕等は何も証明できなく、何も知らない
だから、何も出来ないのか
そうでは無いと、僕は信じている

僕は、聖書を信じている
僕は、愛を信じている
そして、その愛が全ての人の中にいることを信じている
自分で、勝手に信じているだけ
その方が都合がいいから

だけど、そう考えないと僕は全ての人に価値があると思えないんだ
僕は、全ての人に価値があると思いたいんだ
だから、信じている

この世に常識なんてものは存在しない
皆、自分の世界の中でこれが常識だと言い合っているに過ぎない
神さまは絶対いる?
そうはっきり言うクリスチャン
なんとなくいると思っていると言うノンクリスチャン
僕は、後者の方が好きだ

だって、神さまのことを僕等は知らないのだから
全知全能の定義すら分からない
なのに、知っているって

だから、謙虚になろう
僕等は所詮信仰者
ノンクリスチャンに伝えたいと思うのならば
まずは、ノンクリスチャンに仕えるものにならなきゃ

そして、分かり合わなきゃ話にならない



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
>だって、神さまのことを僕等は知らないのだから
全知全能の定義すら分からない
なのに、知っているって

所詮、神との関係は個人的なものだと思います。「知っている」にも様々なレベルや定義があり、「私は知っている」との表現も個人の自由だと考えます。もちろん、懐疑主義も自由ですが・・

実際にその人がどれほどの体験をしているのか分らないので、予断禁物でしょう。
伝記にしても疑えばきりがありません。真偽等はその人の生き様で判断できると思います。

懐疑的、不可知論的表現の方がノンクリスチャンに伝わりやすいとは云えないので、それほど観念的になる必要もないように思います。
【2008/08/06 07:49】 URL | 辻風 #yY6XORug [ 編集]

>全てが仮定の下に動いている・・知らない・・
一重まぶたさんがおっしゃりたいことは良く分かります。
【2008/08/06 08:01】 URL | 辻風 #yY6XORug [ 編集]

だから謙虚になろう>>私には、この謙虚さが必要です。
ノンクリスチャンだった頃の私を手伝ってくれた人は、とっても謙虚な、神様を知らない私を受け入れてくれた人でした☆この謙虚さ、今の私にとっては、難しいんです。信仰の表面だけ見ている程度じゃ、この謙虚さは持てない。あたしは、かしこくなりたい、そして、本物の謙虚さを見たい。性格的に、そうとう頑張らないと...頑張りたいっつ☆ あたしが立ち返らなきゃいけいことに気がついたブログでした☆ありがとう☆
【2008/08/06 22:32】 URL | ゆかお #- [ 編集]

>辻風さん
「知っている」ということを論理的に証明できるのならば、そうなのでしょう。
しかし、僕が言いたいのは感覚的に知っている知っていないではなく、むしろ数学的に知っている知っていないという話なのです。
そして、僕の主張は「この世は何一つ分からない」です。

>ゆかおさん
僕にも謙虚さが必要なのでしょうね。
僕もかしこくなって、本物の謙虚さを身につけたいものです。
【2008/08/07 00:31】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/93-71aa8e78



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。