君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


穴の空いた狼
小説をまた書きました


【穴の空いた狼】


僕のお腹には穴が空いている

だから今は何を食べてもこの穴から出てしまう

昔は色んなものを食べた

牛、羊、鳥、豚

昔は色んなものを食べた

逃げる動物を追いかけて、それを食べる

それが僕の誇りだった

だけど今は何を食べてもこの穴から出てしまう

ああ、なんて惨めなんだろう

あの時、春の陽気に浮かれて森を散歩していた僕を責め立てたい

森の木から差し込む日の光や、春の香り

それが僕の勘を鈍くしていた

春の日突然、僕は誰かが作った落とし穴に落ちた

穴の中には尖った杭がさしてあった

その瞬間僕は絶望して

その時、僕のお腹に穴が空いた

いたい、いたい

穴から必死に出た僕は、自分のお腹に穴が空いたことを泣いた

なんだって僕がこんな目に

なんだって僕がこんな目に?

なんだって僕がこんな目に!

悲しみはいつしか怒りへと姿を変えた

ちょうどその時だった

一匹の小鳥が歩きながら僕に話しかけてきた

「やあ、ごきげんいかが」

なんだって君はそんなことを言うんだい

怒り狂った僕は彼を丸飲みした

すると彼はお腹の穴から出てきて、こう言った

「ごきげんよう、虫歯に気をつけて」

ちくしょう、ちくしょう

僕は小鳥にさえ馬鹿にされるのか

いつしか僕は獲物を狩るのを諦めて

森の木の実を食べることにした

二つの前足でお腹の穴を抑えながら

みっともないかっこうで木の実を食べる

周りの狼が僕を笑う

「君はもう狼じゃないね」

そう言いながら僕を笑う

ああ、全くその通りだよ

怒りは薄れ悲しみが波のようにやってくる

あの小鳥が歩きながらまた僕に話しかけてくる

「やあ、ごきげんいかが」

僕は彼を口に含み

翼を噛み砕いた後に、飲み込んだ

彼は穴から出てきてこう言った

「君は狼じゃないね」

僕は小鳥の言葉に涙した

小鳥が歩いて去っていった後に僕はいてもたってもいられなくなり

森から姿を消した

うっそうと生い茂った森から姿を消して

僕は太陽が照りつける草原にいた

そこには一匹の羊がいて、僕に話しかけてきた

「君はなんで泣いているんだい」

「お腹に穴が空いているからさ」

羊は不思議そうな顔をして僕に言葉を続ける

「なんで君はお腹に穴が空いていると泣くんだい?」

「僕はもう木の実しか食べれない 僕はもう狼じゃなくなったんだ」

羊は言葉を続ける

「じゃあ、君はなんなんだい?」

「狼じゃない僕は僕じゃない だから僕は僕じゃないんだ」

羊は眉間にしわをよせてこう言った

「僕がそのお腹の穴を縫ってあげようかい」

僕は驚きながらこう言った

「いいのかい、僕は君を食べてしまうよ」

すると羊は悲しそうな顔をして言った

「それじゃあ、駄目だ 僕が君に食べられると僕がいなくなってしまう」

僕も悲しそうな顔をして言った

「期待させないでくれ 君はなんてひどいやつなんだ」

羊はすまないと言って僕の前から姿を消した

僕は一人で泣いていると

穴の空いたお腹が鳴くのに気がついた

ああ、そうか

ここには木の実も無いんだな

ああ、そうか

僕は森に戻らなきゃいけないのか

僕は泣きながら森に戻った

僕はみっともない格好で木の実を食べる

周りの狼は僕を笑う

あの小鳥は空を飛んでいる

僕はみっともない格好で木の実を食べる

周りの狼は僕を笑う

あの小鳥は蝶を捕まえて食べている

僕はみっともない格好で木の実を食べる

周りの狼は僕を笑う

あの小鳥が僕に話しかけてくる

「やあ、ごきげんいかが」

僕はみっともない格好で木の実を食べる

「無視しないでおくれよ 君と友達なりたいんだ」

僕は小鳥に言葉を返す

「馬鹿にしないでくれよ なんで君は僕と友達になりたいんだい」

小鳥は僕に話しかける

「だって君は泣いているじゃないか」

僕は泣きながら小鳥に言う

「君には関係ないだろう」

小鳥は返事をする

「泣きながら食べられる身にもなってくれ せめてもっと美味しく食べられたいんだ」

僕はその言葉を聞いて

呆気にとられた

そして

久しぶりに

少し笑えたんだ

「ありがとう」

僕は小鳥にそう言い、彼と友達になった

小鳥と僕は一緒に木の実を食べる

周りの狼は笑う

僕等はそれを見て互いに笑いあう

周りの狼は笑いながら言う

「君は狼じゃないね」

小鳥も僕に笑いながら言う

「君は狼じゃないね」

僕は小鳥に笑いながら言う

「僕は穴の空いた狼だよ」

小鳥は笑いながら、その通りだねと言った

ああ、いつかの羊にも言いに行こう

僕は穴の空いた狼だっていうことを


終わり



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
素敵やね。
あ、私、浜田唯。
ゆいって呼んで。
ごめん。
私ペンネームで人のこと呼ぶの嫌いやねん。
もし良かったら本名教えてくれへん?
苗字でも名前でもええから◎
ほんで、私の友達になってくれへん?
【2008/04/23 08:25】 URL | ゆい #oJlWI69E [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/9-62385b82



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。