君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実はイスラエルが嫌いです
色々な教会でイスラエルのために祈りましょう、とよく聞く
そのたびに、僕はむしろパレスチナの方に祈りたくなる
なぜなら、イスラエルのことが正直嫌いだからだ

イスラエル人は、かわいそうな民族
そういうイメージを持っているクリスチャンは少なからずいる気がする
或る意味では、そうだろう
だけど、そこまで可哀想だとは思わないんだ

中東戦争でどれだけ、人を殺したと思っているんだい
殺し合いのさなか、イスラエル人はパレスチナ人にホロコーストと言って差し支えないことをやってのけた
昔、自分達がホロコーストを受けたと言っておきながら、自分達は平気な顔をしてやる

こんな状況なのに、聖書の預言が叶ったからハレルヤと言うのかい
僕は、言わない
なぜなら、人がたくさん死んでいることを喜べないからだ

嫌いなのは、キリスト教に関わることならなんでもかんでも賛美し肯定する姿勢
韓国だってそうだ
なんだって、韓国にクリスチャンが多いと思っているんだろう
リバイバルが起きたのも要因の一つかもしれないよ

だけど、事大主義と牧師によるアメリカ市民権獲得
そういった面を見ずに、とりあえずキリスト教徒が増えたみたいだからハレルヤと叫ぶ
キリスト教以外の視点は持っていないのかよ

世界は、神さまが創っている
だけど、聖書が世界を創っているわけじゃないんだぜ
色々な視点からものごとを見ないといけないんだ

例えば、韓国のクリスチャン率が日本よりはるかに多いのなら
なんで、犯罪率は日本の方が格段に低いんだい

信じきる、という言葉は美しいが盲目的でもあると思う
色々な視点を持って、なお聖書に立つならまだ理解できる
だけど、色々な視点を否定し聖書にたつのは僕はもはや信仰とは言わないと思う
それは、信じているんじゃなくて絶対化しているだけなのだもの

もっと、知識を蓄えよう
情熱だけでなんとかなる時代は終わったと思うんだ



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
初めまして
初めまして、辻風と言います。

親がクリスチャン故、幼少時よりキリスト教に係って来た者です。

貴ブログを非常に興味深く拝見致しました。それで、特に30日と31日の内容に関連して私なりの考えをご紹介致します。(僭越、唐突ですみません)

実はキリストの贖罪による「赦し」は元来「無私の神からもたらされた無条件の赦しの象徴」で当然非クリスチャンにも該当していたのですが、弟子達が熱心の余り「勧善懲悪話:有条件」に改定してしまった可能性があります。

人間全てに必要な癒しや救いは「神から知らされる事実」と「神からの愛の体感」が基盤になると考えています。人類の大多数は死後それらを体験すると思われます。

聖書には信者の拡大思想や比喩が多い故、解釈には新たなステージが必要だと常々感じています。神、信仰、宗教そのものが様々な角度からの検証が必須でしょう。(歴史、心理学等含む)

私は取るに足らない者ですが、上記の考えに至った説明を交えながら、一重まぶたさんと意見の交換が出来れば幸いです。尚、特定の宗派や団体には属していません。

よろしくお願いします。
【2008/08/01 12:22】 URL | (辻風)又三郎 #yY6XORug [ 編集]

5段落は韓国は何でもかんでも肯定する姿勢だからクリスチャンが多いという意味ですか?だからリバイバルがおきたという…
【2008/08/01 18:15】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>(辻風)又三郎さん
はじめまして。
僕も、もともとはキリストの十字架とはそういったものであると思っています。
また、弟子による改変もなされたと思っています。
そのような、考え方にいたった理由を聞きたいです。
こちらこそ、よろしくお願いします。

>sixteenさん
いえ、韓国でクリスチャンが増えた理由は、アメリカとの関係がとても大きいと思います。
中国の属国のようなときは、儒教。それがアメリカに移ったらキリスト教といった、事大主義によって増えた背景があるのに、「リバイバル」として見ていることが好きじゃない、という意味です。
わかりづらくて、すみません。
【2008/08/02 09:25】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

ご返信、ありがとう御座います。

私がこうした考えに至った詳細は多くの事が関係していますから、今後新たなブログに載せる予定です。

大まかに述べますと・・

ヨハネの手紙第一2:1(後半)父のみもとには、わたしたちのために助け主、すなわち、義なるエス・キリストがおられる。2:2彼は、わたしたちの罪のための、あがないの供え物である。ただ、わたしたちの罪のためばかりではなく、全世界の罪のためである。

ここでヨハネが述べた「わたしたち」が当時のイエスの弟子達(クリスチャン)と考えますと、

「全世界のため」の中には非常に多数のノンクルスチャンも含まれていると思います。(既に世を去った者含みますが・・この点は別の機会で)


私は約40年以上様々な聖句をパズルのようにつなげたり、様々な体験をした結果、「無条件の愛を持たれる神」を知るに至りました。

その後、それを総合的に示す書籍に比較的最近出会いました。

http://book.asahi.com/review/TKY200611280309.html

是非、ご覧になって神の御心の深さに触れてみて下さい。私は特に「赦し、許し」に係る体験の最高潮でキリストが語ることに驚愕、心に残りました

それでノンクリスチャンも、あるいはそのような者として死んだ者にも、赦しと癒しの機会、そして教育の機会が与えられることは明白です。(ヨハネ黙示録より)

「信仰がないと自動的に地獄に堕ちる」等は神の意図ではありません。もちろん現世でイエスに会うことは非常に幸いなことです。それは単に罪が赦されるといったレベルとは異なる歓喜が得られる故、より幸福な道と云えると思います。

その他、大切な点がまだ多く有りますが、取あえず簡単に紹介させて戴きました。

一重まぶたさんのお考えも良かったら教えて頂けますか?
【2008/08/02 21:54】 URL | (辻風)又三郎 #yY6XORug [ 編集]

一つ大切な点を忘れていました。

私の場合「無私の神」を考え始めてから、今を生きることの大切さ、今の瞬間を味わう喜びが増したように思います。
【2008/08/02 22:10】 URL | (辻風)又三郎 #yY6XORug [ 編集]

>(辻風)又三郎さん
大体僕も同じような考えですよ。
信仰がないから地獄に行くのなら、イエス様はクリスチャンの罪だけを背負って死んだということになってしまう、と。
ただ、僕には断定は出来ません。
こうやって、ブログで噛み付くしか出来ないものなんですよ。
【2008/08/03 01:50】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>一重まぶたさん

ありがとうございます。
わたしは国語苦手なので一重まぶたさんの説明のせいじゃないです。

8月3日の一重まぶたさんのコメントから思ったんですけど、一重まぶたさんは万人救済説を断定…というか信じきってはいないんですか??

【2008/08/03 18:47】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>sixteenさん
信じきるとは、どういった状態を指すかは分からないのですが、今のところ万人救済説で僕は信仰を保っています。
差し支えなければ、なぜそう思ったのかを聞かせていただいてよろしいですか?
【2008/08/04 00:52】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

なぜそう思ったかは「ただ僕には断定できません。」と書いてあったのでもともとあまり断定しない方なのかなと感じたからです。

ついでに今まで思ってたことも書いてしまいます。
わたしは万人救済説を断定的に主張して欲しくないと思ってました。信じなくても救われるなら信じなくていいやと思ってしまう人が少なからずいるからです。
万人救済とクリだけ救われるというのを私たち人間には決められません。だからもしクリだけ救われる場合には万人救済説を聞いて信じなかったら信じてた人々がかわいそうだと…

わたしはクリだけ救われると信じています。だからといって滅びをほのめかして伝道するのは嫌いです。
【2008/08/04 19:32】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

(独り言)

救い・・・実に多彩で奥深く、既存宗派の枠に収まらない。
【2008/08/04 23:26】 URL | 辻風 #yY6XORug [ 編集]

>sixteenさん
正直な話、僕は何一つ分かっていないんですよ。
信じない人は信じないで、別にいいとおもうんですよ。
それと、万人救済説だから信じなくて、信仰義認説なら信じていたかもしれない人がj可哀想だということですか?
僕は、その逆もあると思うんです、
「クリスチャンだけが救われるような、そんな宗教は嫌だ」
そう言う人もいます。ていうか、僕がそうです。
ですから、僕は万人救済説を信じているんですよ。

>辻風さん
僕は、キリスト教がそれになれないかな、と思っているんですよ、
【2008/08/06 01:29】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

その可能性は十分ですが、そうなると今度はそれを絶対視してカルト的になる・・問題はそこをどのように工夫するか?になると思います。
【2008/08/06 08:25】 URL | 辻風 #yY6XORug [ 編集]

>辻風さん
ですので、僕にとってもはや宗教ではなくて思想ですね。
【2008/08/07 00:39】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/89-5c4bc711



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。