君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


救われない人々
信仰によって救われる
この言葉が僕はとても疑問なんだ
そもそもなんで信仰がなければ救われないのか
それだと、一部の人間しか救われないじゃないか

信仰が条件だと救われない人がたくさん出てくる
まず、言語が分からないレベルの知的障害者の方
認知症、もしくはアルツハイマーの方
信仰の意味を理解する以前に、罪を犯して死んだ幼児(殺人の最年少は二歳)
キリスト教を知らない未開の部族
キリスト教を知らないアフリカ諸国の子供達

この人たちは、地獄に行くのか?

そうじゃないと、よく聞く
その、そうじゃない理由に僕は意地悪く反論したい

障害者の人たちには、「言葉では分かっていなくてもきっと、なんとなく神さまを感じているはずだよ」
と、よく言う
その理屈はノンクリスチャンの人には使えないのかい?
ノンクリスチャンには信仰がないと地獄へ行くと言うのに、なんだって障害者の方には特別扱いなんだい?

認知症の人たちには、「神さまは公平な方だから、必ずチャンスはあるはずなんだよ」
なるほど、チャンスを逃す方が悪いということか
そもそも、健常者に比べて極端にチャンスが低いんじゃないかい?
公平だというのなら、奇跡の一つぐらい起こしてもらわないと割に合わないだろ
なのに、結局は神さまは正しくて、全ては本人の責任かい

信仰を理解する前に罪を犯して死んだ幼児に対しては、何も聞いたことがない
そもそも、事例が少なすぎるよね
でも、そういう子供も現実に多くいると思うんだ

福音を知らない人たちについては、「だから、僕たちは地の果てまで信仰を伝えなくちゃいけない」
答えになっていないんだよ
実際、伝道されていない人たちは運が悪かったで済ませるのかい?
それとも、周りの責任かい?
信仰は、神様と自分の一対一の関係じゃなかったのかい?
他の人の助けが必要ならば、そもそも一対一の関係じゃないだろ
なんだって、矛盾したことばっかり言うんだい

イエス様が、病人を癒されたときにいちいち「私を信じるか?」って聞いたかい?
違うだろ
まず、「あなたの罪は許された」って言ったじゃないか
信仰の有無なんて確かめていないだろ

まず、信仰で人を計りその次に、行いでクリスチャンかどうかを計る
いつまでたっても終わらない、自己否定の方程式

なあ、ブラジルにいる子供達は地獄に行くのかい
そこに神父がいようと経済格差のためスリを働き、体を売る子供達は地獄に行くのかい?
もし天国に行きたいのなら、罪を犯すなって言うのなら
それはその子供達に「今すぐ死ね」って言っているのと同じなんだ

自分の力じゃどうしようもないから神さまがいるんだろう?
環境的な力じゃどうしようもないからイエス様の贖いが必要なんだろ?
「信仰によって救われる」ってハードルが低いようで実はとても高いんだよ
何かによって救われるのなら、それは単なる宗教だよ
それが何かの違いだけさ
修行によって救われる、禁欲によって救われる、律法によって救われる、金によって救われる、信仰によって救われる
どれが正しいかを選ぶのは、運かい?

そんな悲しい世界は嫌だよ
包括的になろうよ
そんなに、懐が狭いのかい僕等の神さまは
義なる神さまは、人間の生死なんてどうでもいいのかい!
死ぬことを許さないのに、高潔に生きることだけはやたらと言う
そんなのって、辛すぎる

ああ、なんて悲しい世界なんだ


にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
今日の日記でどうしても訂正してほしいことがあってコメントします。

―イエス様が、病人を癒されたときにいちいち「私を信じるか?」って聞いたかい?違うだろ
まず、「あなたの罪は許された」って言ったじゃないか 信仰の有無なんて確かめていないだろ―

聖書にはこう書いてあります。

『イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は赦された。」と言われた。』マタイ9:2

『イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」』マタイ9:22

『イエスは彼らの目にさわって、「あなたがたの信仰のとおりになれ。」と言われた。』マタイ9:29

『イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。』マタイ15:28

イエス様は、いちいちその人の信仰を見て、癒されました。

それだったら救われない人がいるのでは?っていう問いにはうまく答えられません。でも、悲しい世界を嘆くより、懐が狭いよ神様!って叫ぶより、とにかくこの恵みの救いを信じ受け取ってほしいと叫ぶしかないと信じています。それでは悲しすぎると一重まぶたさんは言ってるんだろうけど。。。
【2008/07/30 12:33】 URL | にっち #DYQhHKEg [ 編集]

個人的には、下記の御言葉がポイントのような気がします。人は、知性と同時に、聖霊によって信じると書かれています。どんなに障害をお持ちの方でも、霊は持っている筈。どのようなプロセスで?とか聞かれると、難しいなー。でも、ヘレン・ケラーのような方だって信じたわけでしょう。

『聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。』(1コリント 12:3)

>信仰を理解する前に罪を犯して死んだ幼児

個人的には、主の憐れみがあると思っていますが、100%の答えは難しいですね。わからないものはわからないとしか言いようがない。

>キリスト教を知らない未開の部族

宣教が困難なイスラム圏などの国では、(信じられないような話ですが)イエス様御自身が直々に「現れて」伝道される場合があると聞いたことがあります。実際、宣教師の方から証しを伺ったこともあります。

私には、天国に行ったらイエス様に聞いてみたい…わからないことがまだまだたくさんあります(もしくは、人間には触れることの出来ない「神の領域」とでも言うべき部分もあると感じています。)

何だか、直々にお会いでもしない限り、一言でコメントするのは難しいです…。
ツトム君のお知り合い? 私は、前の教会で、彼が生まれた時から成人するまで知っていますが…。
【2008/07/30 21:13】 URL | grapevine #- [ 編集]

ちなみに、私、アルツハイマーの方が信仰告白された例を身近なところで知っています。牧師との受け答えの際、不思議と思考が明晰にされたようです。

何はともあれ、私は、神様が公正な方だと信じています。聖書のいたるところで、みなしごややもめに対して憐れみ深いとされる主は、救いということに関しても公正な方だと、私は信じています。
【2008/07/30 22:27】 URL | grapevine #- [ 編集]

>にっちさん
確かに言うとおり、マタイによる福音書ではその通りです。
僕は、一部分しか見ていなかったと言えます。
ただ、僕が何を言いたいかは分かっていただけたと思うんですよ。
僕は、世界を嘆いているのでは無く、世界をこうしてしまった人たちに嘆いているんです。

>grapevineさん
確かに一部では、信仰が困難な方に対して特別な福音がなされた話を聞いたことがあります。
しかし、それは全体の何%でしょうか。
僕の知り合いの中では、キリストの直接の福音なしに死んでいった人がいます、身内で。
なぜ、人によって違うのか。
牧師の誇張した話を別にしたらそれはどれだけ低い確率で起きるのでしょうか。
トランスフォーメーションも今の南アフリカには虚しい戯言です。
奇跡によって、この世の何が変わったのでしょう。
そして、多分僕をgrapevineさんは知っているでしょう。
僕は、ツトムの幼なじみでな彼と小さい頃から同じ教会。そして、彼の一歳年上です。

【2008/07/31 01:20】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

あー、一重まぶたさんがどなたなのか、わかったような気がします(昔のイメージしかないので、正直、驚きました。) 198X年といえば、忘れもしない、私が初めて教会に来た年です…。よく憶えていますよ、その当時のこと…。

ということは、今は、生まれ育った教会には通っていらっしゃらないということですか?

うーん、一重まぶたさんなりに、一生懸命、人生と信仰について探求されているのですね…。

まあ、お互い、頑張りましょうということで…。

ではまた。
【2008/08/01 00:34】 URL | grapevine #- [ 編集]

>grapevineさん
教会には行ける時は行っています。
ただ、バイトと部活などでいけてないときが多いですね。
【2008/08/01 01:11】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/87-8a7a6cca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。