君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジレンマ
最近、スピーナというバンドが好きです
その一部の歌詞を引用したいと思います

「あの時、私が欲しかったものは間違いなくあなたでした
 日の当たらない小さな部屋に閉じ込めて、いじっていたかったんだ
 あなたが全部私のものにならないのなら、私何も要らない」


とても、共感できる歌詞だなって思った
こういう思いは、きっと誰でも持っているんだろうなって
そう、思った

もちろん、こういう気持ちだけで終わるんじゃなくて
その人のた目に何かしたい
その人が幸せであれば、それでいい
みたいな気持ちもあると、思う

人は、どちらかといえばそれを愛だと言うのんだと思う
だけど、どちらも根底に流れている気持ちはそこまで変わらないと思うんだ
どちらも愛であって、どちらも愛じゃない
そんな曖昧な感じじゃないかなって
そう、思うんだ

言うなれば
怒り、悲しみ、喜び、そういう思いはきっと一つの根本的な何かからくるんだと思っている
それが、きっと愛と呼ばれるものだ
それが何かは全く説明が出来ないのだけど
そうだったら嬉しいな、と僕は思っている

全ての人に等しく価値がある、と思っている
聖書によれば愛が無ければ全ては無価値らしい
だから、全ての人に価値があるってことは
全ての人に愛があるって思っている




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/80-8bcb4ec8

私書箱

池袋の私書箱の紹介です。身分証不要でプライバシーも安全 激安!池袋の私書箱新規オープンです【2008/07/21 18:44】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。