君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安心が欲しくなって神様に頼る、泣く、そしてそれをやめる
大切な友達
大切な恋人
それらの人と、ずっと一緒にいたい
そう思うことはしばしばあった
だけど、その願いは叶わないことのほうが多かった

最初は楽しかったから、一緒にいたかった
最初は愛しかったから、一緒にいたかった

その次は、楽しくなくなるのが嫌で一緒にいたかった
その次は、愛しさが消えるのが嫌で一緒にいたかった

そして一人でいるのが嫌だから、一緒にいたかった
そして一人でいるのが嫌だから、一緒にいたかった

そんなものだ
僕の友情と愛情なんてものは
ただ、安心が欲しかった
誰かに、受け入れられるっていう実感が欲しかった
それが、手に入ったと思って、それを離したくなくて
そして、壊した

僕がノンクリスチャンだったら、ここからクリスチャンになれたんだろう
でも、僕は物心がついたときからクリスチャンだった
壊す前にあった充足感は、キリストの世界にはなかったんだ

それでも、一度は神様にすがろうとした
絶対の安心を与えてくれる存在
それにすがれば、安心なんだ

だけど、僕の何かがそれを否定した

そして、去年やっと気づいた
一人でも生きていける
寂しい
苦しい
だけど、ただそれだけだ
ただ、それだけなんだ

今だって、友達はいる
恋人はいないけど、好きな人は入る
だけど、それでも一人でいることを受け入れた時に

僕は、自由になれた

そして、天国に行く前にみんなとわかり合いたいと思ったんだ


にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
いつもぶしつけで申し訳ありません。
でも時間がかかっても一重まぶたさんと
わかり合いたいって願ってます。
やっぱし人はひとりじゃ生きてけないから。
いつもきちん向き合ってくれて
ありがとうございます。
【2008/07/17 02:47】 URL | にっち #DYQhHKEg [ 編集]

>にっちさん
肉体的な意味で、人は確かに一人では生きてはいけません。
しかし、精神的においては、人は一人なんです。少なくとも、今の科学と心理学と哲学では。
それを是としたくないから、わかり合いたいと思っているんです。
【2008/07/17 02:55】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/78-906ce830



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。