君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただただ慰めが欲しいと思う
何よりも辛いことは、理解されないこと
しかし、理解が不可能だということに気がついた時に
僕は、心から慰められることが無いことを知った

人に求めてもそれは無く
神に求めても答えは無く

ただただ、僕は絶望の中でもがく
絶望の中でもがく

それでいいと思っていた
信仰と希望と愛があれば、それも耐えられると思っていた
しかし、僕は愛がまず分からなくなり
そして、信仰も分からなくなった
希望さえもなくなりそうななか

僕は、何を頼りに生きているのだろうか

それは神か
それとも人か
または、そのどちらでもないのか

僕には何一つ分からない

強さを手に入れれば入れるほど
悲しみは深くなる
知識をませば増すほど
絶望は色を濃くする

僕の時代ではこの闇を晴らせないだろう

どうか、次の時代の担い人よ
この闇を晴らせてくれ

どうか、悲しむ人が一人でも少なくなるように

どうか、次の時代の担い人よ
この闇を晴らせてくれ




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
はじめまして
はじめましてユイと言います。
一重まぶたさんのブログを見たのは今日が初めてです。しかしどうしても、お伝えしたい事がありコメントさせてもらっています。
わたしもずっと愛を知りませんでした。孤独で、絶望で、死のうとしていました。
しかしイエスさまに出会って1年、最近やっと人間の関係、愛がなんなのかわかってきたんです。

どんなに周りに理解されていなくても、神さまは理解してくださってます。
神さまは一重まぶたさんを愛していますから。
一重まぶたさんを造ったのは神さまですから。
一重まぶたさんのために、わたしのために、罪のないイエスさまは十字架にかかっってくださった。
本気で、今も愛してくださっています。

どんな事がきっかけで信仰がわからなくなったんですか?
わたしの信仰もまだ若いですが、是非お聞かせください。
【2008/06/10 22:28】 URL | ユイ #- [ 編集]

>ユイさん
はじまして。
僕は、愛を知ったと思っていました。しかし、そのうちに愛というものを言葉に出来ないことを知りました。

あと、信仰はしっかりありますよ。大丈夫です。
僕の信仰は。この世の物事は全て不確定なものであり神様の存在さえも証明できない。
しかし、それでも信じる。
それが、僕の信仰です。
【2008/06/11 00:33】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

神さまの証明ですか…
私が聖書を教わっている先生が以前話してくれた事をお伝えします。

聖書が、肉は死ぬと言っているように今までに死ななかった人間はいません。
聖書は神さまの言葉です。
聖書に書かれていることはすべて真実だと、聖書自身が言っています。
その中で、肉が死ぬと言う事が実際に実現しているのだから、これは真実です。
これが神さまの存在の証明になっていると思いませんか?

他にも聖書の内容が実現している事はたくさんあります。
聖書の内容が実現しているということは神さまはいると言う事になりませんか。
「ナザレのイエスは神の子か」という本はご存知でしょうか。知識の部分が強いですが、イエスさまが神の子かどうかを調査して書いています。(ノンクリスチャンだった著者はその調査の後、イエスさまを信じました)機会がありましたら一度読んでみてください。

一重まぶたさんは神さまにどんな感謝を持っておられますか?
【2008/06/11 01:11】 URL | ユイ #- [ 編集]

>ユイさん
すいません、正直証明になっていないとおもいます・・・。
なぜなら、死んだのを見てから書いても、聖書のその言葉は出来上がるからです。
僕は、むしろ神様の存在を証明する気はありません。
僕の力では、それは不可能なので。

感謝ですか。
そうですね、考えれる力があることは感謝ですね。
【2008/06/11 01:41】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

ユイさんのような言葉を、私は何回も聞いてきましたが、正直聞き飽きたというか、あまり説得力ないです。
横から水をさすようですみません。
【2008/06/11 16:27】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
すいません。
たとえ、何度同じ言葉を聞いてもそれぞれの心根は違うはずです。
なにより、僕に向けられた言葉をそう言うのは勘弁してください。
【2008/06/12 02:23】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

そうですね。適切でなかったことをユイさんと一重まぶたさんにお詫びします。
一重まぶたさんは、熱く語るクリスチャンにそういう温かい目を向けることができるのですね。
【2008/06/12 12:12】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
温かいかどうかは分かりません。
ただ、僕はユイさんがコメントしてくださったのが嬉しかっただけですよ。
【2008/06/13 00:38】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/58-c61d2b10



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。