君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱり、僕はクリスチャンが好きになれない
僕は、この一重まぶたとは別の名前でMIXIをやっている
その中のクリスチャンのコミュニティにも色々入っているがどうにもやはりクリスチャンが好きになれない
一番そう思ったのが「キリスト教は宗教ではない」というトピックを見たときだった

宗教ではなく、事実だと
彼らはそう言っていた
他のものは、人間が作ったものでキリスト教だけが神様から直接与えられたものだと
そう言っていた
だから、キリスト教は宗教ではなく、心理であり事実であると

だけど、思うんだ
何様のつもりだい、と

キリスト教は事実だとすることは、それ以外を虚構だとすることだ
宗教を否定する、考え方を否定するということはどういうことだと思っているんだい
それは、その人の人生を否定する
それは、その人の全てを否定する
これまでの、努力、優しさ、誰かに注いだ愛、辛さ、悲しみ、流した涙
それを全て否定することになるんだよ

そんな、権利が僕たちにあるとでも言うのかい
なぜ、「信仰者」といわれるのかを分からないのかい
証明が出来ないから、信じるしかないんだよ
本当かどうかなんて「分からないんだ」
だから、信じる

優位性を保ちたいがために、他の全てを裁くなよ
否定するなよ

運や、確立で全てが決まる世界に神様が創ったと思うのかい
キリスト教を事実とした時に、自分が神様になっていることに気づいてくれ
神にしか出来ない権利を、勝手に使っていることに気づいてくれよ

それじゃあ、あまりにも悲しすぎるだろ?
僕等はクリスチャンだっていうのに



PS:ブログで吐き出していると思われるかもしれないですが、ちゃんとmixiの方でも言っています



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
>僕はクリスチャンが好きになれない
と書かれていますが、そうなのか?に疑問を感じます。
どの「宗教」も自分の言うことを信じろと言っていて、自分の「宗教」を否定する信仰を勧めるものはないと思うんです。
その上において100人いるうちに「仰るとおりだ」と言う50人を「宗教的」に救い、50人を排他する。
ここでその「宗教」がなければ、50人は人生において悲しみを持つが、その「宗教」があるが故に心をしぼませないで済むとしたら、その「宗教」は存続の意味があると思います。
もちろん僕の言う「宗教」には「」があり、それはことの真理かどうかとは別のことです。いわしの頭でも、遠藤周作氏の言葉を借りればかぼちゃでも何でもいい、キリスト教でも仏教でもなんでもいい「宗教」です。
医療も同じだな、と言うことを感じることがあります。そして,今患者はセカンドオピニオンという手段を良くとっています。
一重まぶたさんは、クリスチャンが嫌なのではなく、セカンドオピニオンなんぞの所にいったらもう俺は見てあげないぞ、と言う態度が嫌なのではないでしょうか?
最近は余り見なくなりましたが、「私たちの教会は、エホバの証人やモルモン教と違い正当なキリスト教です」と言うせりふは僕も嫌いでした。(最近は正当の文字はなくなりましたから気にならなくなりましたが・・・・)
【2008/06/05 14:16】 URL | Take #mCZlqnv2 [ 編集]

はじめまして、この間は、コメント、ありがとうございます。

>「キリスト教は宗教ではない」

自力で修行したりして神に近づくのが宗教だとすれば、神の方から近づいてくださったキリスト教は宗教ではないという解釈であれば、わからないでもありません。

どうでしょう、私の場合、「キリスト教は宗教ではない」という言葉を、この記事に書かれているようなような動機で用いたことはあまりありません(その後に「むしろ神とのリレーションシップである」と続くのであればわかりますが)。

私の場合、個人的には、キリスト教は「道であり、命であり、真理」だと確信していますが…それを伝えたい気持ももちろんありますが、別にそれを他者に押し売りするつもりはありません。

一口に「クリスチャン」と仰いますが、その中にもいろいろな考え方の方がいらっしゃると思いますよ…。
【2008/06/05 14:56】 URL | grapevine #- [ 編集]

他の記事の中で、聖書を100%肯定しないというようなことを仰っていたかと思いますが、イエス・キリスト御自身が語られた御言葉も信じていらっしゃらないの?

はっきり言って、教会も、クリスチャンも、救われた罪人の集まりであり、完全ではないですよ。むしろ「イエス様が何と仰っているのか?」というところに注目すべきではないでしょうか?
【2008/06/05 15:15】 URL | grapevine #- [ 編集]

>Takeさん
そうですね、確かにそういうのもあるのかもしれません。
つまるところ、自己の絶対化が嫌いで、さらにそれを満たすために聖書を使うのがもっと嫌いといったところでしょうか。

>grapevineさん
どの宗教も神から近づいている描写がありますよ。
動機はどうであれ、可能性に過ぎないものを事実としたときに他の可能性は否定されるものだと思うのです。
また、僕は聖書を100%は肯定しません。
また、イエス様が語られたとされている言葉にも疑問を感じる時があります。
なぜなら、それが本当にイエス様が言ったかどうか歴史的に見てあやしい部分があるからです。
出来る限り信じたいとは思っています。
しかし、常に疑っています。
【2008/06/05 18:51】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一重まぶたさんにとっての、クリスチャンの定義って何ですか? 何を拠りどころとして信じていらっしゃるの? ご自分の理性ですか?
【2008/06/05 20:21】 URL | grapevine #- [ 編集]

イエス様は、全人類の魂を愛され、十字架にかかって死なれました。

罪は憎まれましたが、罪人は愛されました。

そこに分け隔てってあります?

そういう意味では、クリスチャンやキリスト教や国家がどうであれ…私はイエス様に倣うものでありたいです。
【2008/06/05 20:40】 URL | grapevine #- [ 編集]

>grapevineさん
僕にとってのクリスチャンの定義とは、まだありません。
イエス様がどういう方かすら僕にはまだよく分かりません。
だからこそ、イエス様はこういう方、キリスト教とはこういうものだと定義づけているのが嫌いなのです。
【2008/06/06 11:16】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

そうですか、じゃあ礼拝で「使徒信条」を告白する時も、口をつぐまれるわけですか?

まあ、過去の記事を拝見したところ、「ちあ日本」を招くくらいの教会に通っていらっしゃったということですから、ある意味福音的な、熱心な場で育まれたことが察しがつきます。そこで、いろいろと傷ついたこともおありだったのでしょうね?

でも、求める心もお持ちのようですから、私も祈りに覚えさせていただきます。

また、拝見させていただきます。ではまた。
【2008/06/06 11:37】 URL | grapevine #- [ 編集]

>grapevineさん
僕はgrapevineさんんい憐れまれるつもりは全くありません。
確かに、傷ついたことや求める心はありますが、それは全て僕のものです。grapevineさんに祈られることは何一つありません。

使途信条は告白しますよ?
ですから、定義つけるのは嫌いなんですって。
世界を決め付けるほどに、何も知らないのに世界はどうだと決め付けるのが嫌いなんですって。
【2008/06/06 19:08】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

あ、余計なお世話ということね?

わかりました、どうも、悪しからず。
【2008/06/06 19:30】 URL | grapevine #- [ 編集]

自分達の信仰を押し付けようとする傾向の人間は嫌いです。というか、可哀相な人だと思う。
だって、その人はバケツの上に乗っかって、
「こここそが最高の場所!」って言っているようなもんだもん。バケツの上にのっかって、その上だけで一人で騒いでいるのなら、わたしは何も言うつもりはない。

でも、そのバケツを持ってウロウロして、別にバケツに乗りたくもない人を乗らせようとするのは、どうかと思う。

クリスチャンの中にはこういう人がいると思う。
その人たちのせいで、傷ついたりキリスト教を離れる事になった人もいると思う。わたしは、そういう人が大嫌いだし、(私自身まだ幼稚なので)、
許せない。


バプテスト連盟系の教会にいたときは、阻害されている気がして悲しかったこともあったけど、
日本基督教団にいって、他の教派の特色なんかを眺めてみて、色々なのあり方があるんだって知った。

一重まぶたさんも、福音系から出てみたらいいのに。日本のキリスト教の教派の中でも、たくさんのひとがいるんだよ。
せっかく、好きなのに、そこから離れるのは、
やっぱり寂しいよ。
わたしは信仰を押し付けるキリスト教徒が嫌いだけど、でも小さい頃から一緒に育ってきた聖書とイエス様は好き。(神さまはある種の対抗心があるんだけどね。)

【2008/06/06 20:35】 URL | アッサム #- [ 編集]

>アッサムさん
だれもが自分のバケツの上で、ここは自分の世界だと言っているのがこの世の中だと思っています。

あと、僕は日本基督教団なんですよ。
ただ、色々な教派の方を見てどこも大して変わらないな・・・と思ってしまいました。
僕も信仰を押し付けるのは、嫌いです。
愛により信仰があるというのに、信仰が第一にきてしまったら本末転倒というものだと思うのです。
【2008/06/07 20:21】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

愛があっても信仰がなければ救われないのでは。

「わたしを通してでなければ、
父のみもとに行くことはできません。」

JESUSは言われました。

JESUSが自分の身代わりに死なれ、
三日目によみがえり今も自分とともに
生きている。
その信仰によってのみ救われます。

その信仰を握っているものが
クリスチャンだと私は思っています。

定義するのは好まないと言われますが
一重まぶたさんは自分をクリスチャンと
言っていますよね。

なにをもってクリスチャンと
言っているのでしょう?

何も定義せずに言っているんですか?
【2008/06/08 03:25】 URL | GIJIN #DYQhHKEg [ 編集]

>GIJINさん
僕の中では、クリスチャンとノンクリスチャンの境目がないんですよ。
ですから、僕に定義することなんて出来ないんです。
信仰、愛
この2つの言葉の意味すら、正確に定義することが出来ません。
なのに、なぜクリスチャンというものを定義できるでしょうか。
【2008/06/09 01:54】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/56-fe5893b6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。