君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノンクリスチャンの色は白じゃない
リバイバルを求める全ての人たち
そして、この世の中をクリスチャンとノンクリスチャンで分ける全ての人たち

この世は二つで分けれるほど、単純じゃない

クリスチャンをよく見てみる
そうすると、色々なクリスチャンがいることが分かる
聖書原理派
一部原理派
僕のように聖書に懐疑的な人間すらある

聖書原理派の人間の中には僕のような人間をクリスチャンとして認めない人間もいるだろう
しかし、僕は自分自身をクリスチャンと堂々と宣言する
どっちが正しいとかじゃない
単なる主張の違いだ

間違っているとしたら、自分のみを是とすることだろう
僕の世界では、僕が正しい
君の世界では、君が正しい
だから、この世は難しい

ノンクリスチャンに至ってはさらに複雑だ
仏教徒もいる
イスラム教徒もいる
神道もある
様々な宗教、さまざまな価値観

それらを理解せず、キリストが真実だからと言って何が変わるだろうか
ノンクリスチャンの多くは迷える子羊じゃない
自分の価値観、もしくは自分の宗教、自分の信念、そして自分の真実を持っている
そう、クリスチャンと同じように

そういったものを持ってない人間に伝道するのはある意味では簡単だろう
白を塗りつぶせばいいだけの話だから

だけど、多くのノンクリスチャンは白じゃない
多くの色を持つ
クリスチャンが持つ色ではなく、様々な色を持つ

それらを否定して、一つの色に染めようとした時
そこに美しさはあるのか
ただ一色の色に染めた世界に美しさはあるのか

そうではないから、神様はこの世の価値観を多様にしたのだとと思う
それがいつの日か、調和を持ち
美しくなるように、神様は僕たちをそう創ったのだと思う

「全ての人がクリスチャンになればいい」

そう言った時に、それ以外を否定していることに気づい欲しい
他の価値観を否定する時に戦争が起きる
今のイスラム教とユダヤ教のように

道を探そう
皆が幸福になれる道を
なぜなら僕等はクリスチャンなのだから



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
今まで最後に疑問符があった「生きざまへの不安」が多かったようにお見受けましたが、今日は自信を持っての証に見えます。
神はすべての人を愛されるのか?クリスチャンだけを愛されるのか?と言えば、僕は前者だと思います。
そうしたら貴殿の
>道を探そう
>皆が幸福になれる道を
>なぜなら僕等はクリスチャンなのだから
は、クリスチャンとしての進むべき道だと僕は思います。
【2008/05/29 08:11】 URL | Take #mCZlqnv2 [ 編集]

>Takeさん
生き様への不安は常につきまとい、迷い悩んでばっかりです。
だが、それでも生きているのは僕がクリスチャンだからです。
だけど、それども迷う。
難しいんですよ。
【2008/05/29 23:22】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/52-71eb6e27



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。