君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全ての罪の原因は自分に 全ての栄光は神に
よくあると思うんだ
失敗は自分のせい
成功は神様のおかげ

超自然的なことを期待しているくせに、祈りが叶えられないと御心ではないという
そのうち、神様の想いは分からないからと言い出す
そして、むやみやたらに祈って叶ったら神様のおかげ
叶わなかったら御心ではなかった

いっこうに御心にそうことが出来ない人は聖書の知識と、信仰が足りないと言い
神様は別の形であなたの望みを叶えると言う

なんだいそれは
布教には超自然的な奇跡を惜しげもなくだすくせに

祈りは聞かれないこと前提かい?
解釈次第で全ては神様の御心かい?

君が別の形の神様の御心を知ると言う時
君は神様を見つけたのかもしれない
しかしだね、それは君の想いを神様にしているに過ぎないんだよ
君は自分を神様にしているんだよ

神様がなんとかしてくれる、とよく聞くが
そんなはずはないだろう

理不尽な暴力
理不尽な死
そのどこに神様の御心があるんだい

傷害
暴行
事故
窃盗
脅迫
監禁
誘拐
恐喝
詐欺
レイプ
殺人

そのどこに神様の御心があるんだい

被害者にそれは神様の御心で、あなたに試練を与えているというかもしれない
だけど、それは愛なのか
神様は、その人の心を強くするために
誰か他の人を使い、レイプするのを許すというのか

それが御心かい?
試練という言葉を使えば、不幸な出来事を全て解決できるのかい

罪は全て人間のせいだろう
だけど、それを試練と呼ぶなよ
悲しい出来事は悲しい出来事で留めておこうよ

じゃないと歪む
心が歪む

全ての原因は神様じゃない
僕等だ

失敗も成功も全ては僕等にある
栄光を神に帰せというのは分かっている

だけど、君に自由意志があるというのなら
この三次元での成功は君のものだよ
神様に栄光を帰すのは死んだあとに分かること
そう、世界は君のものだ




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
教会説教とクリスチャンの敬虔に
反感を感じることが多いクリスチャンです。

ブログを読ませていただき、
自分がいつも感じていた怒りや反抗心や、
悲しさを、表現していただいている気がしました。

祈りがかなえば御心、かなわなければ御心ではなかったとか、
成功は神様のおかげ、失敗は自分のせい、という考え方も、
いつも、不愉快に感じていました。

失敗も成功も全て、私たちにあるものであると思います。
同時に、神様にあるもの、とも思います。

たしかに、悲惨なこと、恐ろしいことが
神様の御心とは思えません。
試練としてわざわざ与えられるなんて、
そんなむごいことを
愛の神様がなさるでしょうか。
そうは思えません。

私は、敬虔なクリスチャンが大嫌いです。
自分も、一時期バリバリ敬虔なクリスチャンだったので
気持ちはよくわかるのですが・・・。

ブログ、楽しみにしています。
また来させてくださいね。
【2008/05/21 21:37】 URL | コマ #- [ 編集]

>コマさん
僕も昔はびっくりするほど敬虔なクリスチャンでした。
ただ、ノンクリの友達が増えた辺りから疑問を持つようになってこんなになりました。
むごいことを神様のせいにはしたくありませんよね。
たまに、病気の理由をサタンのせいにして信仰で治すこともあるようですが、正直それはどうだろうと思っています。
まあ、わからないことばかりですよね。

【2008/05/21 23:44】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/49-4c2360b0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。