君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この世のありさまを知っているかい
多世界解釈論というのを知っているかい
要するに、この世界は何十にも重なって出来ていて
この世界の僕もいれば、別の世界の僕もいるという話だ
科学的に、この世界観は一応解釈可能ということになっている

不思議な話だ
世界には、神様を信じている僕がいる世界はここだ
だけど、おそらく神様を信じていない僕の世界もあるのだろう
そう考えると、死んだ時に僕はどこへいくのだろうか
「僕」はどこへいくのだろう

他の世界の僕はどこへいくのだろう
魂は一つ?
だけど、世界はいくつも?

こう考えるとわけがわからなくなる
本当は多世界世界なんてないのかもしれないけど
それと同じくらい、世界は複雑で奇天烈な存在だ

人の心もそれと同じ
信じている、信じていない
この境目をはっきりと区別できる人間なんて存在しない

だから委ねる
神に委ねる

そうすれば、神様は僕等に意味を与えてくださる
それが、愛だ

と、僕は思っている



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/40-ba888ed8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。