君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君を殴る 僕を殴れ
真実は人それぞれ
この前ブログにそう書いた
でも、これはポジティブな意味合いではないんだ

真実なんて結局のところ人それぞれの勝手な考えであり
それを分かち合うことすら、原理的、論理的に無理だということを
世の哲学者や数学者は証明してしまった

そして、その勝手な考えは聖書にまで及ぶ
「聖書に書いてあるから正しい」
これははっきり言って間違いだ
旧約聖書を肯定するとしたら、虐殺を肯定することになる
律法を肯定するとしたら、女性の人権は消える

歴史に照らし合わせて、その部分は間違っていると言うかも知れない
しかし、それがすでに自分の正に勝手な考えで聖書を改変しているとしか言えないんだ

聖書を文字通り、読むのなら言う事の聞かない息子は殺さなきゃいけないし、献金は十分の一
なにより、神の名の下の殺人は正しい
それを認めよう
聖書がない時代に、人は神から声を直接聞いて虐殺の限りを尽くした
それを認めよう

都合の悪いところは、、イエス様の「律法からの解放」を持ってくる
都合の悪いところは、イエス様の「律法は滅ぶことはない」を持ってくる

昔クリスチャンと話した時
「イエス様は儀礼的な律法は廃止したけど、根本的なところは廃止していないんだよ。だから、この律法は正しいの」
みたいな論理を展開されたな

反吐が出る
聖書に書いてあれば全て正しいわけがないだろう
辻褄が合うように編集され、権威を持たせるために著者もよく分かっていないヨハネの黙示録を入れるやつらが作った本だ。
本物の聖書が何かと言いたいならば、死海文書に残っているものだけを本物の聖書とすればいい

考えるんだ
結局出る結論なんかは人によってばらばらなんだ
真実なんていつも人間の中に入った時点でばらばらになるんだ
分かり合うことすら出来ないならば、せめて争おう
希望を捨てるな

僕を殴れ、僕も君を殴るから

ああ、虚しい
人が分かり合える日が来ることを信じるのは日に日に辛くなっていく
希望を捨てないということはこれほどまでに辛いとは
だけど、自由と信仰を捨てるよりかはまだましだ


にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
>希望を捨てないということはこれほどまでに辛いとは
>だけど、自由と信仰を捨てるよりかはまだましだ

私も、本当にそう思っています。でも、

>僕を殴れ、僕も君を殴るから

この部分は、「君が私を殴っても、私は君を殴らない」でいこうとしてるのが私の思いかも。
と、今日読ませてもらって改めて感じることができました。
私もこれからも考えていくよ。ありがとう。
【2008/04/18 11:01】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

旧約聖書、新約聖書でも一貫していること。
それは、罪があると裁かれる、ということです。
律法を破った人は、死ななければなりませんでした。
旧約が、虐殺の歴史に見えるのは、そのためです。
だから神は、人が死なないために、律法と一緒に、罪を贖ういけにえの制度も与えました。

神は人を殺すために律法だけを与えたのではなく、人を生かすために贖いも一緒に与えました。
だから旧約のいけにえは、新約のイエスの贖いと同じで、命そのものでした。
いけにえの制度を軽んじた人は殺されましたし、いけにえの制度を知らない人も殺されました。

人間は神の被造物なのに、神の言葉を無視したり、贖いを受け入れずに他の神を拝んだりしていました。

たったそれだけのことで、と人は思うかもしれません。
神は、人が理解しやすいように、それを姦淫の罪に例えられました。
結婚し、何から何まで世話をしてきた愛する妻が、他の男のものになることに例えておられます。
そんなに愛していない妻だったら、まだ怒りは少ないかもしれませんが、
神は愛するがゆえに、ねたまれます。

今でも変わりません。
「罪からくる報酬は死」だということは、新約の今も変わっていません。
旧約時代、贖いを知らない人が殺されたように、新約でも、贖いを知らなければ死後裁かれます。
罪がすべての元凶です。
だから人は全員罪を取り除かなければいけないんだと、聖書は一貫して訴えているのです。
【2008/04/18 11:25】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

そしたら、一重まぶたさんは何も信じてないんですね。
そこからは何も生まれませんね。
【2008/04/18 12:55】 URL | JJ #- [ 編集]

一重まぶたさんはいったい何を信じているのでしょうか?聖書の神様ではなく、自分の考えの中の神でしょうか?聖書を否定して神と自分の存在意義を追及することは困難だと思います。神は聖書を通して私たちに愛のメッセージを語り続けているからです。

確かに私たちがいま手に取る聖書は人が編集したものですが、聖書は神の霊感によるもので、もし誤りがあるなら神がそれを正すはずです。
しかし、現在の聖書は世界中のあらゆる言語に訳され、世界のベストセラーとして普及しています。聖書が神の言葉である証拠ではないかと思います。

もう少し聖書を勉強してみると、なぜ神が律法を人間に与えたのかが見えてくると思います。イエス・キリストは律法を成就するためにきたのです。
【2008/04/19 03:18】 URL | 通りすがり #- [ 編集]

私たちは、一重まぶたさんを非難することはできません。
一重まぶたさんはとても正直に、自分の心の中を吐露しておられます。
これは、すべてのクリスチャンの心の中に、少なからずある考えなんだと思います。

一重まぶたさんが書いておられるように、

「イエス様は儀礼的な律法は廃止したけど、根本的なところは廃止していないんだよ。だから、この律法は正しい」

と言ったクリスチャンがいたそうですが、
そんなふうに聖書を無視し、持論を展開する人たちがたくさんいるから、混乱するのも当然です。
イエス様は、「わたしが律法を廃棄するために来たと思ってはなりません。」とはっきりおっしゃっています。

カトリックも、プロテスタントも、聖書を無視して神学者たちの考えを教義にしているところは同じです。

神は愛だと唱え、誰でも受け入れているクリスチャンの指導者にとって、旧約の虐殺は説明しがたいのかもしれません。
神ではなく人を恐れ、何でも許容するその精神が、都合のよい教義を作り出しているように見えます。

プロテスタントの教えは聖書に基づいていると一般的に考えられていますが、はたして本当にそうなのかどうか、今一度、聖書を調べる必要があると思います。
実は聖書ではなく、神学に基づいているというのが本当のところではないかと思います。

私たちは非難するのではなく、どうしてクリスチャンの間に一致がないのかを、よく考えなければならないと思います。
【2008/04/19 10:05】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

はじめまして。みかと言います。よろしく♥
このブログをよんでますます。なぜかわからいけど、自分の信仰がつよくなりました。
人それぞれだから、一重まぶたさんのような考えをもった人をたくさんいるとおもいます。
デモまずしってほしいのゎキリスト教ゎ宗教じゃないですよ★ただそう言うしかないから言ってるだけで、宗教じゃないです!!ただほんものを信じて、自分にゎできないから神様に委ねている、ただそれだけです。クリスチャンだから清いとかクリスチャンだから正しい人生をおくれる人って訳じゃ全然ないですよ。クリスチャンだから自分の弱さに沢山きづくし、でもそこに神様ゎ働いてくださるカラ感謝なんです★そして真実な方ゎただ一人「JESUS」だけ!そしてそこにリアルな愛があるんです★
そしてうちゎまぢで聖書ゎ真実だって思ってます。
そして神様ゎ聖書のなかで「あついか冷たいかであってほしい」って言っています
そして、なまぬるいものゎはきだすとも言っています
ダカラ一重まぶたさんゎたくさん聖書などに疑問があっていいとおもうし
神様ゎその疑問に不思議な方法で答えてくれますよ♬♬そして「目にみえないから信じれない」というなら、神様ゎみせてくれますよ★だって神にとって不可能な事ゎひとつもないから♥

でゎでゎながくなってすみません↓↓もし嫌な言い方をして傷つけて
嫌な思いをさせていたなら悔い改めます。
ごめんなさい。デモみかゎとにかくリアルな愛・喜び・真実・そしてJESUSを知ってほしいです
ブログを通して出会えたコト感謝します♥
一重まぶたさんに神様の祝福がたくさんありますよーに
【2008/04/19 12:07】 URL | みか #/c2.ISBc [ 編集]

>たんぽぽさん
ええ、罪の報酬は死だというのは理解出来るのですよ。
しかし、神に代わり人間がその刑を下す権利というものは旧約の時代には少なくともあったということが今回私の言いたいことです。
それはどうなのでしょうか?


あと、私の想いに深い理解を示してくださることに感謝します。
【2008/04/19 16:21】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>Mieさん
その想いはとても素晴らしいものだと僕も思います。
ただ今の僕は赦すより争いたい気分なだけなんですよ。
Mieさんの考えまた聞かせてください。
【2008/04/19 16:23】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>JJさん
むしろ信じて何が生まれるのだという感じですね。
しかし、信じたいので悩んでいるといった感じです。
【2008/04/19 16:25】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>通りすがりさん
誰もがみな結局は自分の中の神を信じているに過ぎないと思っているだけですよ。
聖書を否定する気はないです。
否定したいの聖書を使って自分の中の神を唯一の神とすることです。
聖書に書いてあるから正しいという論理は間違っていると言いたいのです。
【2008/04/19 16:28】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>みかさん
信じなきゃ救われない時点で宗教じゃないですかね。
イエス様がただ一人真実だと仰いましたが何をもってして他の宗教の方々を否定するのかがよく分かりません。
他宗教の方々もみかさんと同じく神様からの啓示によってそれを真実としていますよ?
あと、誤解しないで欲しいのは僕は一応まだクリスチャンですからね?
【2008/04/19 16:41】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

別に他の宗教を否定したりするつもりゎありません。だってさばいてゎなりませんって書いてるカラ。
デモみかゎみかの信じてる神様が本物だと思っています★☆★ダカラ、そのことを伝えます。ただそれだけですよ。
あと宗教だとしか思えないのなら、それでも十分です。そしてみかの考えに共感できないのなら、それゎそれでいいと思います。だって一重まぶたさんゎみかとゎちがうし
デモ神様が心から愛している特別な存在だから♪♪
そして、みかとゎ違う感情を持っていてあたりまえだから★
あと、クリスチャンだってことゎ
前の日記などを見てわかっていますよ♬♬
【2008/04/19 19:17】 URL | みか #/c2.ISBc [ 編集]

一重まぶた
>みかさん
じゃあ、他の宗教も正しいということですか?
あと宗教じゃないとしたらなんなのかを教えて欲しいです。
【2008/04/19 22:43】 URL | #- [ 編集]

正しくゎありませんよ。だってみかの信じてる神様だけですよ♪
どうしてこの宗教をしんじているのかな?むなしくならないのかな?って思いますよ!!
デモみかにゎさばくことゎできないから否定ゎできないのです。すべてゎ神様がなさることです。どんな宗教の方も真実をもとめてひたすらさまよっています。でもみかゎその真実ゎ神様にしかないとおもうんです★
そして、人間にわからないことがあって当たり前です。だって神様ゎ人間が理解できるほどのちっぽけなことをするかたじゃないから♪
人知をはるかに越えているんです★

そしてキリスト教ゎ宗教でゎなく救いでもあり、家族です。

じゃあどうして一重まぶたさんゎクリスチャンなんですか??どうしてそこまで疑問持っているのに、
クリスチャンなんですか?そこまであなたが嫌うクリスチャンなんですか??
そして一重まぶたさんがおもう宗教ってなんなんですか?
 

まぁ~これ以上続けたら、両方 嫌な気持ちが残ると思うので、辺ガキゎいらないです★

デモこれからもちょくちょくコメントさせてくださいねぇ♪♪
そして、祈ってます。
【2008/04/19 22:55】 URL | みか #/c2.ISBc [ 編集]

>みかさん
正しくないけど、否定はしないってどういうことなんですか?
あと、救いがある時点で宗教なんじゃないでしょうかね。

僕がクリスチャンの理由ですか?クリスチャンとして生きたいからです。
だけど、クリスチャンは嫌いなんですよ。

僕が思う宗教ですか、難しいですね。
心のありどころを神に求めると宗教ですね。

コメントはどんどんしてください。
まってます。
【2008/04/22 00:13】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一重まぶたさんが、「神に代わり人間がその刑を下」していると思う場面は、旧約のどこですか?
よければ教えてくださいませんか。
【2008/04/22 23:03】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
イスラエルの他の民族に対する虐殺ですね。
【2008/04/23 22:35】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

神はいつも、神の民を通して事をなさいます。

イスラエル人は、「他の民族が危害を加えるので虐殺しよう。神もきっとそうお望みだ。」と、自分たちで勝手に考えてそうしたのではありません。

主は、他の割礼を受けていない民を裁くのに、イスラエル人をお使いになりました。
イスラエル人は、神の民として割礼を受け、正しくいけにえをささげて、罪を贖われた神の民でした。
神はみわざをなさるときに、御使いをお使いになるように、神の民もお使いになります。

ところがソロモンの時代から、いけにえの制度が軽んじられ始めました。
民はいけにえを、神の言われたとおりにではなく、自分たちの好きなようにささげ始めたので、罪を贖われず、神の民ではなくなっていきました。

神は、神の民ではなくなった人をお使いにはなりません。
だから、偶像を壊し、正しくいけにえをささげた人を、神はいつも用いられました。
外国人であっても、ラハブのように信仰を表わせば、イスラエル人の中に入ることができました。

つまり、罪がある人は裁かれ、罪を贖われた神の民は、神に用いられます。
それは旧約の時代も、今の時代も同じです。
【2008/04/24 02:48】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
なるほど、罪の贖いがすんだ人は罪の贖いがすんでない人を殺してもいいということですね。
【2008/04/26 04:10】 URL | #- [ 編集]

イスラエル人は、勝手に他国を侵略したのではありません。
イスラエル人の近くの国が、民に危害を加えたり、異国の神を持ち込んだりした場合に、神から、「あの土地をあなたがたに与えたので、行け。」という命令のもと、行ったのです。

指示もなく、勝手にそう考えて侵略したのではありません。

新約の今の時代、神から「罪人を裁け。」という命令は与えられていません。
今は、「全世界に行って福音を広めよ。」という命令が出されています。
「贖いを知らない人々を火の中からつかみ出して救え。」と神はおっしゃっています。
【2008/04/26 13:04】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
ということは、神は虐殺を認めているということですね。
カナンの土地を侵略したときは、イスラエル側から攻撃を仕掛けていたと思うのですが。
【2008/04/27 02:25】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

旧約の虐殺は、新約の罪人の裁きの影です。

旧約時代、いけにえに手を置いて罪を移すことのなかった人たちは、罪を持っていました。
イスラエル人以外、主を受け入れず、いけにえもささげなかったのですから、遅かれ早かれ罪人として死ななければなりませんでした。

新約の今、イエスはバプテスマを受けたときにすべての人の罪を背負ったので、神はすぐに裁きを下さず(つまり、虐殺せず)待っておられます。
神の民の今の仕事は、人に伝えることです。
でも時が来れば、神は旧約のように容赦なさいません。
黙示録は必ず実現するときが来るでしょう。
【2008/04/27 09:08】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
黙示録の時代はどうだか分からないですけど、要は旧約の時代は少なくとも虐殺を、神が認めていたってことでいいですね
【2008/04/27 22:58】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

はい。
イスラエルの民が贖われていた旧約の時代、
神は、民が神の敵を虐殺することをお許しになりました。
【2008/04/28 00:09】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/36-ab4f0249



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。