君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスチャン達へ、僕たちは哀しいほどに無力だ
クリスチャン達へ
僕たちは哀しいほどに無力な存在だ

保育園落ちた日本死ねと書いた人がいた
今は、その悲痛さが分かる
僕は年収300万で働いていた時期があった
その時期に結婚をした
その時に子どもが出来て、保育園に落ちたら
僕は、神様に何故このような苦難をと祈っていただろう

僕たちは彼女たちに何も出来やしない
祈ることもままらない現状で
ようやく、出来ることはやはり祈るだけだ
資本主義の顔をした、悪魔が僕らの周りで笑っているから

何故だろう
こんなにも教会から力が失われたのは
保育園を開く教会の数が少なくなった
日曜学校と言う言葉が嘘みたいに子どもが少なくなった日曜日の子どもたち
かつては、子どもたちが溢れていた子どもの祝福の時間に
僕の息子しかいなくなったのは何故だろう

日曜学校で友を得て、友に救われた僕は
息子に同じ環境を与えてやれはしない
分裂や離れる人達がたくさんいた僕の教会
人が多すぎて、立って礼拝している人までいたのに
ガラ空きの椅子

「空いている席に荷物を置かないでください」
今では、涙が出るような言葉だ

新陳代謝と言われればそれまでの僕の教会の現状
牧師が悪かったと言えば、解決する話かもしれないけれども
今なら僕達がこれっぽっちも信仰を実践出来ていなかったからだと分かるよ

教会に来れば楽しかったんだよ
教会に来れば救われたんだよ
教会に来れば現実を忘れられたんだよ
教会に来れば自分が肯定されていたんだよ
そして、それが間違いだったんだよ
それを求めて教会に行っていたのが間違いだったんだよ

教会に来ても辛い
教会に来ても救われない
教会に来ても現実を忘れられない
教会に来ても否定されている

そんな苦難の時でも信仰を保ち続けることこそが必要だったんだ
そして、そんなことが出来る人間はそもそも教会になんかに来やしない
そんな二律背反の中で、教会はゆっくりとゆっくりと衰退していった
そして、僕も教会から足が離れた

妻と息子と改めて教会に行った時に
まるで、他人の家に行ったような違和感を感じたよ
「初めての方ですか?」
僕が何回もかけた言葉を言われた時の気持ちは罪悪感だったのだろう

なあ、クリスチャン達
ハレルヤと叫ぶ人よ
したり顔で福音を伝える人達よ

僕たちは無力なんだよ
信仰で山も動かせないぐらいに
僕たちは無力なんだよ

信仰を持っていても、祈るだけじゃこの世の中じゃ何の価値もない
一銭の価値も無い
僕たちの信仰はこの世界じゃ、余計なものでしかないんだよ

その事に絶望を感じた時もあった
そんな世界が間違っていると叫んでいた時もあった

だけども、僕らの信仰は僕らには無駄じゃない
僕らは無力だよ、クリスチャン
どうしようもなく無力だよクリスチャン
世界を変える信仰すら持たない無力なクリスチャンだよ

そんな僕たちは愛してくれるという神様は、イエス様はどれだけ寛容なのだろう
そんな神様やイエス様に愛されているという僕たちはどれだけ幸せなのだろう
なぜ、僕たちだけそんな幸せなのだろう
なぜ、僕たちだけそんな幸せを知っているのだろう

涙を流そう
僕たちが知らない誰かが、いつだって苦難の中で涙しているのだから
僕たちは無力なのだから



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

クリックして頂けたら幸いです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/351-d3fe3b66



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。