君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


傷つくことで優しくなれると思っていた
僕は朽ち果てたかった。
どんな困難があったとしても笑えると思っていた。
挫けずに諦めずに、そして逃げずに。
同じような境遇の人が出てきたら慰めることが出来る人間になろうと。
僕は辛い人生を望んでいた。

今、僕は辛い。
今、僕は苦しい。
自分がやっていることが無意味に思えて理解者がいないように思えて。
独りに思えて、そして背負おうものの尊さだけが理解できる。
自分自身が生きていて、誰かを幸せに出来るのだろうか。
そんな悩みで一杯で、自分自身が足りなくて。
笑えない。

僕は優しくなれると思っていた。
誰にでも優しくなれると思っていた。
だけど、現実は辛い境遇の人を責めることしか出来ない。
慈しみを持って接することが出来ずに、理詰めを言い訳に憤る日々ばかり。
赦し合うことなどもちろんのこと、一方的に赦すことすら出来ない。

大切な人には迷惑ばかりをかけてしまう。
大切な人の役に何も立てない。
あまりにもあまりにも無力だ。
キリストの様には、とてもなれない。

神様。
僕を一体何のために創ったんですか。
あなたの計画の中での僕は一体どんな存在なんですか。
思い上がり、身の丈以上の困難を望み喘いでいる僕は一体何者なんですか。
愛せないのに愛したい。
優しく出来ないのに優しくしたい。
赦せないのに赦したい。
こんな矛盾を何だって僕の心の中に。

何一つ分からない。
本当に何一つ分からない。
周りが屑に見えて、自分も屑に見えて。
僕は一体どこへ向かうのだろう。

昔、思い描いていた夢の続きは描けない。
今の僕には何が描けるのだろう。
筆を折ることだけは止めて、前でも後ろでもいいから歩いていこう。
どうせ、いつかは立ち止るのだから。



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント
はじめまして。
はじめてコメントさせて頂きます。
一重まぶたさんのブログに綴られる思いが、自分の思いに重なることが多くあり、どこか他人様のブログと思えず、コメントさせて貰いました。

生きていくのですね。我々は。
【2012/04/04 00:54】 URL | タクヤ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/347-48eccd74



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。