君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長く生きるほどに自分の価値観だけを絶対としたくなる
四捨五入で三十歳になる程度の年だけれども。
最早、既に価値観が固まっていくのを感じる。
高校生の頃や大学生のころに考えていたことを考えていない。
自分が生きる意味や夢だとか言うものに対して冷徹な目を向け始めている。
その世代が言う青臭い言葉を冷徹な目で見る自分に対する危機感が薄くなっている。
経験が足りないだとか、僕が言われて最も嫌だった言葉を僕が言いそうになる。
全く、人間の心は厄介に出来ているものだとはっきりと感じる。

長く生きるほどに自分の価値観だけを絶対としたくなる。
それは間違いないのだろう。
価値観なんてものは自分が生きてきた証のようなもので。
それを否定するということは自分の人生自体を否定するようなものだから。
自分の価値観を否定するなんてことは、とても勇気がいるということは分かっている。
だから、人の話を聞ける人は本当にすごいと思う。
受け入れる幅が広い人は本当に凄いと思うんだよ。

だけど、誰もがその勇気を持てないことも分かってきた。
人間は基本的に憶病なもので、自分を守ることすら精一杯で。
それなのに長く生きれば生きるほどに、守るものが増えていく。
とても、とても他の価値観を聞く余裕なんてものは無くて。
日々が急かされながら、息を切らして走り続けている。
だから、人が争うのはとても当たり前な話だとは思うんだ。

自分を屑野郎だとか下衆野郎だとか心底思えばいいのだろう。
自分の価値観にそれこそ価値が無いと思えばいいのだろう。
だけど、それだけでは自分自身すら守れなくなる。
何一つ自分自身では変えられない無力感だけが積み重なっていく。
そんな人間になっていっているような気がする。

弱くありながら強くありたい。
そう願うものの、それはどういうことなのか見当もつかない。
聖書を基準に色々いう輩は確かにいる。
弱さは強さだと嘯く人間も多くいる。
でも、そんな言葉を現実の社会の中では弱さになっていく。
そうして傷つき、疲れ、教会だけを居場所にして自分の頭の中を固めていく。
そういったことも真っ平なんだ。

まったく人間は厄介だ。
ただ、最近ではそれも一興かと思える瞬間がある。
どんな状況になっても笑ってやろうという覚悟もほんの少し出来るようになった。
どん底に落ちても笑いながら生きてやろう。
そう思う自分がいる。
ただ、それこそが自分の価値観の固定化だなとも思う。
本当に人間は厄介だ。

いつだって、君の話を聞きたいのは本当なんだよ。
でも、いつだって君の考えを否定したいんだ。
だけど、そこで終わりたくもないんだよ。
だから、僕は話が出来ないんだ。
否定して否定され、肯定され肯定される。
人類全体がそんな関係性になれたならなんて想像もつかないけれども。
それでも、そんな夢は捨てられない。

嗚呼、ちくしょう。
世界が平和になればまだましになるかもなのに。
せめて、後の世代の捨石程度になれるようには頑張ろう。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント
こんにちは。ブログはずっと拝見していますが、コメントはお久しぶりです。
簡単に四捨五入しないでください(笑) 20代の一年は、人生10年分の価値があります。
そんなんで簡単に三十歳に入って来られたら、現に30歳の人に失礼ですよ(笑)

一重まぶたさんの今の苦悩は、おそらく本当に多くの方々が同じく等しく通ってきた道ですね。
いわずもがなイエス様はその全部を、そしてこの私もその小さな一片を自分なりに。
その思いで、私たちは時間を越えて、思いを共有しあうことができますね。しんどいことですけど、嬉しいことでもあります。

10代の頃の自分自身に、今ならどんな言葉をかけてやりたいか。
そして、何年後かの自分に、何を伝えて預け託しておきたいか。

自由意志で、なりたい自分を、自分で選んでください。その力が、私たちにはありますから。
いつでも応援しています!
【2012/02/01 15:33】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

>>Mieさん

確かに、まだ20代後半ですので三十路ぶるのは早すぎました。笑

10年後の自分自身への言葉がまだ見つからないし、何を残せるのかもいまだ闇の中です。
ただ、歩くことを止めずに迷いながら前を向きたいと思います。

自由意思を持ちながら、頑張ります。
励みになりました。
ありがとうございます。
【2012/02/04 00:51】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/341-d689e8f8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。