君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日吹く風
迷いながら歩いている。
今いる場所が正しい道を歩いてるのか不安になる。
新しい節目を迎える今でさえ、忘年など出来ずに後ろを見てばかり。
頂上は、前を向けばあるはずなのに足元を見てばかりで迷い続ける。
気持ちを切り替え、気分を切り替え、理想を切り替え、現実を変えようとする。
必要なものはきっと違うはずなのは分かっている。

明日吹く風はいつも違う。
予想と希望は裏切られる時もあれば、願いを叶えてくれるときもある。
自分の努力だけではどうにも出来ない風も吹く。
だけど、希望が頭から離れない。
絶望が続けば、希望は妄想へと形を変える。
少しばかりの奇跡があれば、希望は現実へと姿を変える。

その少しばかりの奇跡がどうしても起こせなくて。
そして、いつだって絶望して。
そんな毎日に疲弊していつしか夢を見ることすら忘れてしまう。
そんな人たちが多い世界で、キリストの救いを伝道する。
それも確かな希望の一つでいつだって現実に姿を変える。
風車に向かう騎士のように映る時があれど、それは確かに真実の一つだと思う。

いつだって寄り添いたい。
それが掛け替えの無い欲望で、何よりの真実で。
だけど、常には寄り添えない。
それも残酷な真実で、どこにいても変わらない自分なんてものもいなくて。
見えない明日にいつだって怯えている。
揺らがない自分がいないことにいつだって不安を抱いている。

明日にはいつだって、新しいことの発見と毎日への埋没が存在して。
変わらずに日々を過ごしながら、強制的に変えられて。
何をしたらいいのか、何が正解なのか、何が間違っているのか。
そんなことに頭を支配されて、自分の強固だった意思がどこかへ行ってしまう。

それでいい。
そう言って欲しくてたまらない。
そして、それを言われたら甘えるのも分かっている。
いつだって、いつだって、欲望と自制の間で揺れ動く本当の気持ちが、
胸の奥で疼きながら出口を探している。

一番良い方法が夢を叶えることは分かっている。
だけど、それは出来ないんだ。
僕だけじゃない。
夢破れた人なんてものは数多く見てきた。
現実がうまくいかない人なんてものは数多く見てきた。

本当の絶望、何も出来ない自分を自覚して、これ以上上にいかない自分を認める。
そんな掃き溜めのような世界で、それでも人に優しくしている人がいる。
そんな人間も数多く見てきた。
自分自身を諦めているのに他者に優しくしている人がいる。
それだけで、この世界が素晴らしいと思える。
皆を笑顔にすることは到底出来ないのに、自分自身すら笑顔に出来ないのに。
他人を笑顔にすることが出来る人がいる。

明日吹く風に怯えながら、そうやって生きている人が確かにいる。
信仰に関わらず、貧富に関わらず、何者にも関わらずに。
それが、この世界の少しばかりの奇跡で希望が現実に変わる礎なんだ。
それが、来年への希望なんだ。
それが、未来への希望なんだ。
そう思って年を明かそう。



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/335-5276698d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。