君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


罪人のかしら
僕は君を傷つけました。
僕は君に対して牙を向けました。
僕は君の人生を壊しました。
家族も恋人も仕事さえも。
結果的に僕は君から色々なものを奪いました。
君が僕を敵にした。
僕も君の敵になった。
僕は策略を練って謀略を仕掛けて、そして君に対して最高の侮蔑を行った。
傍から見ても、僕は何もしていない。
ただ単純に君が自分が掘った穴に落ちただけだけど。
僕ははっきりと君と戦っていた。
そして、僕が勝った。
僕は社会的な正義で、君は社会的な悪だった。
ただ、それだけの、本当に本当にくだらないことで僕は君に勝利した。

君は悪い人ではなかった。
むしろ良い人だった。
だけど、欠点もあった、社会的な罪を犯した。
僕には、それが許せなくて許せなくて、そして赦せなくて。
僕は君と敵対した。
何一つ認めないように自分の心の中に憎悪を燃やして。
それを正義に燃える義憤かの様に自分自身を誤魔化して。
自分の欲望を優先して、そして汚れを知らないような顔で君に対して接して。
悪魔の囁きを繰り返しては、天使かの様に振舞う。

この世の中で最も侮蔑すべき悪は、自分自身を悪だと思っていない悪だと思っていた。
そして、それはその通りで僕はその通りの悪党だった。
罪人のかしら、イエス様に対する最大の裏切り。
まるで、自分が神殿で怒ったイエス様の様な錯覚すら覚えて、僕は自分に酔っていた。
思い通りに事が進むのがこんなにも後悔を生むだなんて。
自分自身を良いものと見せることに上手くなんてなりたくなかったのに。
僕が社会に出た理由は、辛い人にかける言葉を探すためだったはずなのに。

いつからなんだろう、自分自身の幸せを優先させるようになったのは。
僕自身の夢や希望や欲望を優先させるようになったのは。
いつから、僕は君の悲しみに対して冷徹な目を向けるようになったんだい。
僕は君の苦しみや悩みやそういったものに対して、見放すような真似をしていたんだい。
僕が優しいだなんて冗談じゃない。
僕は、誰よりも誰よりも残酷だった。

僕が取るべき道は違っていたんだ。
君と話し、分かり合い、そして解決の道を探して一緒に頑張ることだった。
そんなことは頭では分かっていたし、僕が今まで得てきた知識でも分かっていた。
でも、僕はそのことを心ではまるで分かっていなかった。
僕は君に対して理解する努力を放棄し、分かり合う努力を放棄した。
君の吐く綺麗な言葉を全て嘘だと決めつけて、僕は何も見ようとしなかった。
目の中に梁が入っていたのは僕の方だった。

正義だとか悪だとかに拘って。
僕は愛を見失っていた。
まるで、心の中に愛なんてものは無くて。
まるで、心の中に愛なんてものは無かったんだ。

イエス様、僕は罪人のかしらですよ。
それもクリスチャンとして幼児洗礼と信仰告白を済ませているんです。
なのに、何一つあなたのようになれない。
自分の無力感を感じるばかりです。
あなたに対して何も返せない。
僕は、最も小さな人に石を投げるような人間だったんだ。

神様、助けてください。
どうかあの人に憐れみを。
神様、あなたが奇跡を起こせるならばどうかあの人に奇跡を。
僕が犯した罪をどうか取り去ってください。
この罪人のかしらの祈りをどうか聞き入れてください。
困難に合わせず、悪より救いだしてください。

ああ、ちくしょう。
僕は世界平和だとかを謳っていたはずなのに。


にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/323-beb37325



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。