君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正義と悪と自己満足と欺瞞と罪
僕は罪を犯しました。
だけど、僕はのうのうと生きています。
この世から何一つ裁かれることなく、我が物顔で暮らしています。
今日も笑い、明日も笑い、幸せそうに生きていきます。
それが、何一つ間違っていないような顔をしながら生きていきます。

僕は、他人の人生を壊す手伝いをしました。
それは、何一つ責められません。
僕はが直接悪いことをしたからではないからです。
しかし、現実に僕は他人の人生を壊す手助けをしました。
社会的には正義だったのかもしれません。
だけど、そんなことはどうでもいいんです。

正義だとか悪だとかそんなものはどうでもいい。
その思想・信念の結果傷つく人がいれば何の意味もなさないと思う。
それを実感した。
僕は正義感を隠れ蓑に他人に対して罠を張って陥れた。
全くの自業自得を白日の下に晒しただけだけれども、正解は別にあったのかもしれない。

僕があの人にああ言わなければ、この人にそう言わなければ。
全員が笑って迎える最期もあったのかもしれない。
僕は行ったことは社会的に正義でも、僕自身はどうしようもない悪党だ。
反吐が出る、吐きそうだ。

社会的に正しいだとか、法律がどうだこうだとか。
そんなものが人を傷つける材料になるんだもの。
どうすればいいんだい、僕は。
何をすれば正義だとかは本当にどうでもいい。
正義を行った結果、傷つく人がいるのならそんなものは本当にどうでもいい。

罪人、咎人、恨まれ人。
そんな存在の僕らが正義を語ることにすら吐き気がする。
傷つけて、傷つけられて、傷つけて、傷つけて、傷つける。
憎悪を巻き込み、他人を燃やしつくそうとする。
そんな自分なのに、何が正義だ、何が悪だ。
ひどく虚しい。

一体、僕は何をしているんだろう。
世界平和を謳いながら僕は一体何をしているんだろう。
正義なんてものは求めていなかったのに。
結局、正義の力を借りて人を傷つけている。

愛が欲しいんだけど、どこにいけばあるんだい。
教会に行けば愛があるのかい。
祈れば愛が降ってくるのかい。
聖書を読めば愛が湧き出るのかい。
生憎とそんなことをしていた頃と比べても僕は何一つ変わっていない。

ひどい茶番だ。
人生なんてものはひどい茶番だよ。
ああ、嫌になる。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/319-14787a45



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。