君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛する君に捧ぐ言葉すら無い
思えば、色々なことを経験した。
色々なことを見聞きした。
大切な友人からは、精神障碍者扱いをされたこともあった。
理想論を語る人間は、パラノイアなのだと言うことも分かった。
理想を現実にする努力をしなければ、語る価値すら無い程に理想論の敷居は高く
それなのに、ただ生きているだけで語る資格がある現実論の敷居は驚くほどに低い。

僕は、この世界で生きる努力をしているよ。
だけど、理想論を吐きたいんだ。
現実なんてものに惑わされたくなくて。
だけど、現実に僕が何をやっているかと言えば、この世界の現実の汚さをまるで体現している。
愛する君に捧ぐ言葉すら無い。

どこかで誰かが人を殺して。
その死体を誰かが処理している。
その誰かが、自分の友人で無ければ僕も決して想像はしなかっただろう。
理想論を吐くだけでも不快に思う人間がいることを。
誰にでも受け入れられる言葉なんてものは無いということを。
僕は今まで知らなかったのかもしれない。

どうすれば、皆が平和に暮らせるかなんてことを考えることすら傲慢で。
世界平和や人間愛に固執することすら、間違っているのかと思える。
自分自身をエゴイストと卑下したところで、何か変わるわけでもなく。
言葉は空回り、意思は空へと消えていく。
僕の魂なんてものは影響力を持たずに、天国へと一直線さ。
この地上に何も影響を与えない。

無力感だけは、日に日に大きくなっていき、虚無感は僕は支配しようと躍起になる。
そんな時の人を慰める言葉を考え得ていたのに。
そんな時の人を励ます知識を得ていたはずなのに。
その言葉も知識も、僕は励まさず、僕は自分自身の言葉と知識を否定する。

どうしようが、こうしようが手詰まりさ。
何も出来ない自分に絶望することすら少なくなる次第の毎日が無意味に思えてきて。
いっそ、このまま無に帰すのも悪くないと思いながらも僕は言葉を吐いている。

愛することが何かも分からず。
この世で何も出来ず。
それでも生きていいと思えない。
そんな自分なのに生きている。
そのことに感謝すら出来ない。

なぜ、自分は不幸なのかと問いかければキリストの言葉と仏陀の言葉が出てくる。
それを心理学の見地から否定しては、僕は結局答えを出そうとしない。
何一つ分かっていないはずなのに、全てを否定する。
真っ平御免だ、何も考えたくないと思いながら知を求める自分を誇る。

どうすればいいっていうんだい、どうすればいいっていうんだい。
どう生きれば正解で、何も不安に思わず、幸せに生きていけるっていうんだい。
誰かが傷つければ、罪悪感に塗れる心を抱えて幸せになれるものなのかい。
幸せなんてものはそもそも可能なのかよ。

そんな自問自答を繰り返しながら、明日からまた頑張ろうと言い聞かす。
疲れたと、一言漏らせばそれで終わり。
夜は終わり、朝が来る。
明けない夜は無い。
沈まない日は無い。
僕たちは明暗を繰り返して生きていて、折衷案をいつだって探している。

愛する君に捧ぐ言葉すら無い。
無力な自分への、慰めの言葉だけは出てくるのに。
愛する君に捧ぐ言葉すら無い。
残酷な自分への、言い訳の言葉だけは出てくるのに。

ただひたすらに絶望することもできずに、生き長らえてみよう。
まだ、きっと答えを出すには早すぎると言い訳出来る。
まだ生きよう。
君に捧ぐ言葉ぐらいは、せめて見つけたいから。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/318-8b4b027c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。