君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キリスト教を信じているはずなのに、こんなにも苦しい
僕は、自分自身をクリスチャンと言っている。
人からはよく疑われるし、日々の言動もまるでクリスチャンらしくは無い。
心が痛むような光景も割合と平気で、サイコパスには憧れる。
だけど、僕は十字架の贖いをこれでもかというほどに信じている。

クリスチャンになれば、この世の中身も悩みも全ては吹き飛ぶようなことを話す人がいる。
大いなる偉大なる、何よりも素晴らしい愛を受け取っているから。
僕たちは、何よりも自由なんだと叫ぶ人たちがいる。
苦しみも神様に委ねれば喜びに変わるという人たちもいる。

正にきっと本当はその通りなのだと思う。
人間は、きっと心の持ちようでどこにいても天国に思えるのかもしれない。
ただ、それがキリスト教か他の何かの違いであってもそれは変わらない。
人間の心に起きる奇跡なんてものは、心理学である程度は説明出来てしまう。
僕は、そんなことも信じている。

だからなのか知らないけれども、生きるのが苦しいよ。
無力感から始まって、不安に心を飲み込まれて、死ぬことへの絶望が無い代わりに生きる希望を持てない。
そんな日々の中で、十字架の贖いが何になるかと言えば、生きていく希望になってしまうからなのか。
自殺する気にも到底なれずに、同じ場所で同じ日々をぐるぐる繰り返している。

年齢を重ねていくたびに、まるで一年が一カ月のように思えてきて。
去年よりもまるで成長していない自分自身に驚いてしまう。
あのとき感じた自分の才能は枯れていくのを感じて、ひたすらに凡人Aの人生が幕を開ける。
何物にもなれないことへの諦めは未だにつかず、ひたすらに自分を自分自身が擁護する。

君は、ただ単純に生きているだけで素晴らしい人間なんだよ。
そんな言葉をかけられても素直に聞くことなんて出来ないんだよ。
欲しい言葉や欲しい人は決して手に入らない。
生きていくのが苦しくなっていく。
まるで、人一人救えない自分自身の不甲斐なさと相まって、ますます息がし辛くなるんだよ。

希望は無くならないのに、妥協だけは増えていく。
夢を追いかけている人間を羨むようになった。
絶望していく世界をただ追いかけるような日々を過ごしている。

嗚呼、ちくしょう。
望みどおりだこの野郎。
こういう人生を望んでいたんだよ。
苦労がしたかったんだ、絶望したかったんだ。

ここからなんだよ。
こんな苦しい自分にかける言葉をいつだって探しているんだ。
人の痛みが分かるようになりたかったんだ。

何をしているか分からない人間にかける言葉を探しているんだ。
何をしているか分からない人間に欠ける言葉を探しているんだ。
僕はいつだって誰かに救われたくて、誰かを救いたがっているんだ。
そんなことはイエス様にしか出来ないと言われようとも、僕はイエス様のようになりたかったんだ。

辛い現状から逃げるだけの人生なんてものは真っ平御免で。
僕は誰よりも惨めに生きながら笑って暮らしたいんだよ。
この愛に満ち溢れながら、絶望に塗れた世界の中で僕は少しでも優しくなりたいんだよ。

未だに誰にも優しく出来ない僕の心がいつか変わることを望みながら、いつだって裏切られる。
虚しさに支配されそうになりながら、頭の中ではいつだって叫んでいる。
おかしい、こんな世界はおかしいんだと叫びながらおかしな世界の一員になっている。

キリスト教を信じているはずなのに、こんなにも苦しい。
だけど、苦しくならないと僕は人に優しくはなれないだろう。
誰かのための言葉なんてものは生まれないんだろう。
だから、これでいい。
これでいいんだ。

僕の人生はこれでいいんだよ。
そんなことを自分に言い聞かせながら、今日がまた終わる。
明日は、少しだけ優しくなれますように。






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
私も苦悩の中を生きるクリスチャンです。楽にいきましょう!
わたしも何度も、同じような思いに浸り続けました。祈っても、どうしようもない虚無感みたいなものに全てが無意味に感じていました。でも、最近、思うんです。私はわたしの人生を必死に生きてきた。誰も出来ないし、誰の人生でもない。もっと、上手に生きることが出来たのかもしれないけど、今まで真剣に生きてきた。きっと、神様は見ていて下さっている。『なるようになるし、なるようにしかならない』と楽観視。人生の中で、とらわれ過ぎないようにしないと手も足もでなくなるって。頑張って生きて行きましょう。きっと、いいことあります。
【2011/09/12 17:01】 URL | 七海 #- [ 編集]

>>七海さん
コメントありがとうございます。
本当に、悩んでいるだけでは精神が参ってしまいますよね。
時に楽観的に、時には苦しみながら生きていきたいです。
最近、ストレスが多くなっているので前向きに生きることを忘れたくはないものです。

【2011/09/12 23:58】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/308-9da96b05



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。