君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


媚びるな
僕らは日々何かに負けている。
社会に、教会に、上司に、仲間に、友達に、恋人に、他人に。
いつもいつも、何かに負けて心を折られてひどい気持ちで家路に就くのさ。
暖かい家庭が待っていても、冷たい床が待っていても変わらない。
僕たちは日々何かに絶望して、絶望しきれなくなった心の中の妥協を漂う。
抗うことにも飽き始めたころに、強者に媚びる。

自分が傷つかないために、自分を守るために。
誰かに媚びながら、時には自分自身に媚びながら僕らは自分を守る。
そして、強者になることが出来れば媚びられる毎日が待っている。

単純な権威主義が未だにまかり通っている世の中に対して
権威主義の塊の政治が何かを出来るはずもなく、
ただただ世の中は欲望の流れに身を任せる。
僕たちは、そんな世の中に媚びながら抗い方を忘れていく。
自分自身の中にあったかけがえの無いものを、自ら手放していく。

ちくしょう、媚びるなこの心。
負けるな、諦めるな、妥協するな。
僕のこの心はとてもとても弱いから。
負けたり、諦めたり、妥協したりの連続だよ。

日々に流され、時間に追われて、新しい何かや追い求めている何かがどんどん遠ざかる。
そんな馬鹿なと思うほどに、自分の年齢が重なる早さに驚くんだよ。
あと、何年あれば僕は変われるのかと言い聞かせても、動かない足がある。

それでも、媚びるな。
諦めるな、妥協するんじゃない。
僕の心に言い聞かせるんだ。
君の心に言い聞かせるんだ。

悪習に媚びて、それを踏襲してしまえばそれが正義になる。
そして、それが次世代に引き継がれていく。
そんなことは真っ平御免だ。
腹が立つほどに、純真無垢な子供たちの心の中に、社会に対する嫌悪感なんざ植え付けたくない。

抗え、戦え、そして勝て。
そして、次世代に何かを残すんだ。
よりよい世界を残すんだ。
辛い思いなんか何一つしなくても、生きていける世界を作るんだ。
作るんだ。
基本的に皆が笑っていて、優しい世界を。

そんな世界を夢物語と笑うよりも。
そんな世界を良いと思う気持ちを大事にしよう。
現実という名の見えない怪物に媚びるな。
戦えるなら、戦おう。






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/306-c27a4d31



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。