君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛している
僕はあまり神に祈らないようにしている

その代わり、よく考える

なぜ、神様は人間を創ったのか
なぜ、神様は人間を愛すのか
人間とはいったいどのような存在なのか

僕はそれを考えるようにしている

だから、全てを捨てて神の教えに従うという考え方に反発を持ってしまう
神の教えは、聖書らしい
だけどそれは本当なのか?
極端な話をすると聖書の中には、言うことを聞かない息子は殺せと申命記に書いてある
だけど、クリスチャンでこれを守っている人はいない
イエス様が新しい律法を与えてくれたからだ

だけど、クリスチャンは聖書の都合のいい部分だけをとってそれを使う
結婚前にセックスをしてはいけないというのはその最たる部分だと僕は思う
聖書の中で、結婚前の中でセックスを禁止している箇所は唯一つ申命記
そう、言うことを聞かない息子は殺せと言っているあの申命記である
それにはこう書いてある

 申命記22章13-21節(以下はその抜粋)
  「人がその妻をめとり、彼女のところに入った後にこれを嫌い、虚偽の非難をして、彼女の悪口を流し、「わたしはこの女をめとって近づいたが、処女の証拠がなかった」と言うならば、その娘の両親は娘の処女の証拠を携えて、町の門にいる長老に差し出し……〔中略〕……布を町の長老たちの前に広げねばならない。町の長老たちは男を捕まえて鞭で打ち……〔中略〕……罰金を科し、それを娘の父親に渡さねばならない。……〔中略〕……しかし、もしその娘に処女の証拠がなかったという非難が確かであるならば……〔中略〕……町の人たちは彼女を石で打ち殺さねばならない」


読めば分かるとおり、女性の人権なんて見えない
そう、この箇所はただユダヤの純血主義を守るためのものだと僕は思っている
それ以前に、同じ箇所の教えを守らずになにが聖書主義だと僕は思ってしまう

だけど、クリスチャンは平気な顔で性風俗の人間を非難する
彼女達がいなければ、性犯罪が爆発的に増えることも反対する
そして、しっかりした体制がなければ病気が蔓延することも分かっていないのだ

僕も性風俗の存在を「良し」とする気は無い
だけど、それは今の時代必要なもので
決して「悪」なんかじゃない

性風俗がなくなればいいと思うのならば
性風俗を撲滅させるより、どうやれば人類が性風俗なしで生きていけるのかを考えるべきだ
全てを捨てて神の手にゆだねる?
それは思考停止だ

神様は僕等に考える力を与えてくださった
僕等は考えるべきだ
どうやれば、僕達は神様に近づく事が出来るか
どうすれば、この世が天国になるべきか
生きとし生けるもの全てが、慈愛と幸福に満ちた世界がどうすれば出来るのか
僕達は考えるべきだ

数学も物理も哲学も芸術もなにもかもがそのためにある
それは解明されただけでは、ただの現象だ
そこに愛があり始めて意味を持つ

全てを理解しよう
そして、すべてを愛そう
僕等が真の愛を知らないというのならば、真の愛を知るべきだ
そして、それは深い理解により成り立つ
相手のことを理解すれば、そこに必ず愛が生まれる

君の幸福を願う
僕はそれが愛だと思う

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/17 05:55】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/3-f332ff12



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。