君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


例えばの話
例えばの話だけれども、もしこの世界の全ての人がクリスチャンになったとしたら。
君は一体どうするのだろう。
君が生きがいにしていた全ての人が信仰した世界。
君の生きがいが達成された世界。
その世界で君はどう生きるのだろう。
僕は、そんなことを考えた。

夢が完成されることほど人が絶望することは無いとはよく聞くが、
もしも、この世界全ての人がキリストを信じたら君は泣くのかな、それとも笑うのかな。
どうやって、日々を過ごすのかな。
もう、誰にもキリストを信じましょうと言えない世界を君はどう生きるのだろう。

絶望の世界なのか、それとも希望の世界なのか。
全ての人に福音をだなんて言葉を吐きながら、絶対に自分の代では無いことは分かっている。
全ての人が信じる世界の責任を後世に押し付けているだけのその伝道。
僕には、その伝道が正しいだなんて言えないよ。

全ての人が信仰している世界。
その世界には科学はあるのだろうか。
文明は発展するのだろうか。
新しい価値観はあるのだろうか。
僕らの先祖が積み重ねてきた涙の上にある知恵はあるのだろうか。

ただ、単に伝道すれば世界が良くなるだなんて。
イエス様を信じていたって罪を犯せば、人を傷つける。
そんな分かり切ったことすら無くなるだなんてことを思ってやいやしないかい。

聖書を使って、この世にある知恵や哲学を否定するのなら僕は言う。
そんなことはくだらなくて、非建設的で、何より最も平和から遠ざかるものだ。
剣を振りかざしたつもりになっていればいい。
争いを起こせばいいさ、聖書が言う通り。

もう一度言うさ。
君が言う全ての人が神様を信仰する世界はどんな世界だい。
経済はどうなっている、政治はどうなっている、貧困はどうなっている。
餓死する子供たちはどうなっているんだい、犯される女性は?
働き疲れて過労死する男共はどうなっているんだい。

明確な指針無くして、伝道するのならばそれは君が好きな「ビジョン」とやらが無い伝道じゃないのかい。
バブルの向こう側を見ずに、今の世代につけが来ている日本経済のように
ビジョンを見ずに、伝道している責任を下の世代に押し付けてやいやしないのかい。

聖書が正しい。
そう叫ぶのならば、責任を持て。
例えば、君が生きている間に全ての人が神様を信仰する世界が来るとしたら。
そいつは、一体どんな世界なんだい。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/299-46f25d5b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。