君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由? ああ、それほど楽しくないよ
よく、僕は「自由だね」と言われる
それは、そうだろう
この世の常識、さらにはクリスチャンの目さえ気にしてないのだから

だけど
自由はそんなに楽しいものじゃない
僕はそれを言いたい

自由
それは、責任が全部僕に来ることを言う
自由勝手に生きている
自由勝手にクリスチャンをやっている

そうすると、どこにいったって非難される
どこにいったって「それは違う」と言われる

クリスチャンにさえ

クリスチャンでさえ依存している
「聖書にこう書いてあるから」
そう言えば自分に責任は無い
聖書に書いてあるから自分は正しい

そう思っている人がいるんだ

その気持ちは凄いわかる
僕もそうだったから
だから、それは間違っているなんて言えない

だけど
だけどさあ

僕は間違っているのかい?
聖書の解釈が違っているから僕は間違っているのかい?

責任が全部来ることは覚悟している
だけど
だけど僕はあなたと仲良くしたいんだ!

考え方が違う!?
徹底的に非難しあいたいんだ!!
お互いの矛盾点を言い合って!!!
お互いが殴りあう喧嘩になって!!!!
そして、もう一度話しあって!!!

そして、分かり合いたいんだ…。

自由?
ああ、それほど楽しくないよ

この世の人とも
熱心なクリスチャンとも話しが会わない

だけど良いよ
僕は自由だから

今はそれでいい


にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
お久しぶりです。名前の表記を英語にしました。改めてよろしくお願いします。
いつも読ませてもらうばかりですみません。
議論しあえるほど考えがまだ固まっていない身としては、一重まぶたさんの書くことは、いい刺激になっています。
また、私が書いてあることは、一重まぶたさんにはどう映っているのかというのも、少し興味があります。偽善者・八方美人とかって思うかな。
一重まぶたさんが求める「話が合う」という定義が、どの程度かわかりませんが、私は「わかり合えることなんかない」という結論に達しました。私たちはみんな、つながっていて、そして一人なんだというか。
正しいという概念だって、自分にとってはというだけ。
人の数だけ、正しさはあるんじゃないかな、と。
やり方は私とは違うなと感じる部分もたしかにあります。
でも、一重まぶたさんの発しているものは、私は、嫌いじゃないです。
これからも、大事に注目させてもらって、吸収させてください。
応援しています。こんなくらいしか書けなくてごめんなさい。
【2008/04/01 05:13】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

確かに、価値観というものは、宗教的なものも含めて、分かり合うのは不可能な気がします。でも分かり合えなくても愛することはできますもんね。仲良くすることも。でも自分を分かって欲しい、という気持ちが破壊的な自己主張につながって、結局仲良くなれないケースって、あるかもしれないですね。恋愛でも、見られそう。難しいですね。分かり合えなくとも、認め合えばいいってよく聞きますが、それもまた簡単なことではない気がしますし。人間とは奥が深い生き物ですね。
【2008/04/01 18:10】 URL | さかな #LkZag.iM [ 編集]

>Mieさん
お久しぶりです。
ブログも新しくなったようですね
分かり合えることなんかないですか・・・。
僕は、わかりあいたいです。
現実には無理かもしれないけど、諦める気にだけはなれません

>さかなさん
分かって欲しいというのは誰にもありますよね
だけど、自分にも他人にも分からないところがある。
どう折り合いをつけていくかが重要だと思います
【2008/04/01 19:18】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

めったに分かり合えないからこそ、ちょっとでも分かり合えたと思えると、むちゃくちゃ嬉しいんですよね。
それの中で、こいつが一番分かり合える!とお互いに強いものを感じられた人が、生涯の相方(異性であれば結婚相手かな)…となるといいんじゃないでしょうか。
私は、とことんあがいて、ことごとく打ちのめされて、どん底までへこんで、ちょっと諦めて、受け止めて、また歩き出した、という感じかな。
でも、そうした瞬間に、生涯の相方が見つかったというのも事実。
一重まぶたさんがたどりつく場所を、私は見てみたいです。
【2008/04/01 19:57】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

>Mieさん
そうですよね、難しいからこそ喜びも大きい
僕は今あがいている最中かもしれないし、そうでないかもしれない
正直な話、僕も自分がたどり着くところがどこなのか見てみたいです
【2008/04/01 20:34】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

じゃあ、私もあきらめないで、これからも時々こうやって一重まぶたさんにぶつからせてもらおうっと。
ただし、ケンカではなく、ガチンコ勝負、試合と表現させてもらいます。
それから、
>よく、僕は「自由だね」と言われる
ってことですが、私は、一重まぶたさんのこと、えらく不自由そうだなって思ってました。
こう思っている私は、間違ってるかな?(笑)
【2008/04/01 20:51】 URL | Mie #mQop/nM. [ 編集]

信仰に純粋な心で熱く突っ走れない、かといって「宗教?ださ!」「神様なんていないでしょ」と言う人にもなりきれない、そんな感じ・・・??

そうだったら、いいな。
わたしも一緒だから。
中途半端とか思ったり、どっちにも属せない自分が寂しくなる事もあるけど、というか、めげそうになることもあるけれど、これが自分の信じる道なんだって思ってる。
【2008/04/01 22:06】 URL | アッサム #- [ 編集]

>Mieさん
それでは、よろしくお願いします。笑
不自由そうに見えます?
どうなんでしょうねえ。僕の中では自由なんですよ。
ただ、他の人から見たときに不自由に見えるってことはまだまだ自由になりきれてないんでしょうね。
もっと、自由になれるように頑張ります。

>アッサムさん
僕も、同じようなものです。
でも、自分の中の信仰は確かにあるから平気です。
確かに、少し寂しい時もありますけどね。笑
【2008/04/02 06:06】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/29-51e5c034



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。