君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無意識な嘘つき
昨日の記事が思ったよりも反響があったらしく訪問数がいつもの三倍以上に。
訪問数が多い時に過激な記事を書いて、躓きの石にでもなろうと思います。





僕は基本的に福音派が好きじゃない。
というよりも、信仰義認を唱えながら伝道熱心な人間を見ると反吐が出る。
最近、自分自身の牙がすっかりと抜けて草食動物のようになったと思っていたが全然そんなことは無かった。
僕は未だに真実とやらを語る人間を嘲ろうとする気持ちはあるらしい。

信仰義認、信仰義認、ああ信仰義認。
信じる「だけ」で救われるというその教義。
信じなくては救われないその教義。
まるで自分達の教義が他の教義よりも寛大かに見せかけているのか、思いこんでいるのか。
そんなことは知らないが、垂れ流すその言葉に対する嫌悪感は未だに拭えない。

信じなければ救われない。
信じなければ滅びの道を歩む。
そんな言葉をなぜ軽々しく吐けるのか。
信じれば救われるということは、信じなければ救われないと同意語だというのに。

信じることが出来ない人は一体どうなるんだい。
僕は、何回も言っている。
「信じる」ということすら理解できない知的障害者はどうなるのかと。
「信じる」ということすら理解できない年代のまま罪を犯して死んだ子供達はどうなるのかと。
誰も何も答えてくれない。
誰も明瞭な答えなんてものは教えてくれなかったさ。

どいつもこいつも言うだけさ。
「それは分からない」
「それは、神様の領域だ」
「神様に委ねるしか出来ないよね」
そんなことを言うだけさ。
聖書を根拠に真実を口に出している人間が皆そう言う。
はっきりと言えばいい。
信じていないから全員滅びの道を歩んだと言えばいい。
脳障害で知能指数が20程度しかない幼子の前ではっきりと「信じないとあなたは地獄へ行きます」と言えばいい。

分からないなんてことは言わせない。
出来ないなんてことは言わせない。
マルコ16章15説にはっきりと書いているだろう。
全ての作られたものに福音を述べ伝えよと書いているんだ。
分からないと言ったり、神様に委ねると言いながら彼らへの伝道を行わないなら
それは、まさしく大宣教命令への明確な反逆さ。

聖書を根拠に自分が口にする言葉を真実と言いながら、聖書の言葉通りには行動しない。
笑えるほど滑稽な卑怯者だよ、そんなものは。
笑い話にもなりやしない。
仮に知的障害者は全員救われると言ってみたとしよう。
じゃあ、次は障害者と健常者の境目はどこにあるのかと問おう。
どこからが無条件の救いで、どこからが本人の責任になるんだい。
その境目はどうやって、見分ければいいんだい。

語らずに、見ようともせずに。
誰もが無意識に差別して、誰もが無意識に嘘をつく。
健常者だけに与えられた救い。
まったく反吐が出る。
そんなものを僕は福音とは認めない。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/287-0a8288e0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。