君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放射能と同じくらい、無思慮な言葉が子供を殺す。
地震の爪痕が、ようやく瘡蓋になってきていると思う。
だけど、原発が未だに大変なことになっている。
情報が乱立している世界では、むしろ正しい情報が分からなくなる。
シーベルト、ミリシーベルト、マイクロシーベルトだの良く分からない単位が出てきて
結局のところ、危険すら危険じゃないのかと思ってしまう。
自分自身に被害が出ていないから、言葉は加速度的に軽くなる。

思えば、チェルノブイリの時も同じ現象が起きていた。
「妊娠中の被ばくは危険である」
そんな、言葉を軽く言っていた。まるで、心配しているかのような口ぶりで大々的に流布したんだよ。
結果、奇形児が生まれるのが確定的であるかのような物言いの中で多くの妊婦が中絶を行った。

歴史は進んだ結果、どうなったか。
劣化ウラン弾で、またもや奇形児発生説のリバイバルだよ。
放射能よりも、直接的に身体に害をなす重金属の被害を見ずに、
劣化ウラン弾が原因かどうかも分からない奇形児の写真を電子世界で見せびらかせた。

妊娠九週目以降の放射能による催奇性との関連性は見出されていない中で、
確実に奇形児や白血病になるかのように、不安を煽り立てた。
放射能による奇形は小頭症との関連性しか報告されていないにも関わらず、
ビタミンA不足による単眼症も全て含めて、放射能、放射能と叫んでいた。

そして、舞台は福島原発に移された。
相も変わらず、僕たちは一側面的な情報を流布することにより
無思慮な言葉を使って、泥沼に向けて背中から蹴り入れる様に当事者を不安に陥れた。
信用できない政府を利用して、確定的ではない不安材料をどれだけ確定的なものとしたのだろう。

この事態で、一体何人の妊娠した方が中絶を行ったのだろうな。
はっきりとしたデータは出るのかは分からない。
無思慮な言葉で、僕たちは何人の子供を殺したのかな。

きっと、原爆が落とされた広島と同じように福島でも結婚差別が起きるのだろう。
それは、きっと間違いがない事実だと思うよ。
どこもかしこも危険だ、危険だと叫ぶだけさ。
これを機に放射能のことを正しく勉強しようとすらしない。
笑えるだろう。
勉強しない僕らが子供たちに勉強しろと言い、無思慮な言葉で子供を殺していくんだ。

内部被ばくの問題もあり、確かに危険なことに変わりは無い。
だけども必要以上に危険性を叫ぶのは良くない。
それは、出さなくて良い犠牲者を出す。悲しみの民を増やすことに加担するのはやめよう。

信仰によって、毒を飲んでも平気だとか言う戯言を引き合いに出して
祈りによって、放射能をなんとかしようだとか言うのもやめよう。
僕らは祈る前に出来ることがあるはずだよ。
少しだけ専門的な知識を身につけるだけで、不要な強迫観念を払拭できるはずさ。
そうすれば、差別も少しは無くなるはずだと思うんだ。

危険なことに変わりは無いのは間違いないのだけれでも、
無思慮な言葉を僕らは気付かぬうちに話している。
それによって、死ぬ子供がいる。
それだけは、忘れてはいけないと思うんだ。





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/266-53379a35



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。