君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛を語ろう

テレビをつければ悲劇的なニュースをやっている。
会社に行けば、経営を心配している。
キリスト教徒は、救いについて語っている。
理想論を言うのは、いつだって現場に関わらない人間ばかりだ。
現場は、理想論を放棄して現実論にも似た妥協案を語る。

神様の愛はどこにあるんだろう。
きっと、どこにでもいるんだろう。
僕らは愛されているのか。
きっと、愛されているのさ。
じゃなきゃ、僕らは存在すらしていない。

あの冷血とも思えるパウロですら、愛が無ければすべてが無意味だと語った。
僕らは、信仰ばかりを口にするけれども愛の有無を信仰ほど重要にしているかな。
ハレルヤ、感謝します、従います、伝道します。
愛します、とまず言おう。そうだ、思い出したよ。
キリスト教は愛の宗教だよ。

なぜ、今の今まで思い出せなかったのか。
それは、僕が愛せていなかったからだ。
周りの人間を愛せていなかったからさ。
僕の周りにいる人間を、僕に害をなす人間を屑だと決めつけていた。
存在する価値が無いとさえ、思っていた。
それでも否定しない僕は優しいと言われ、そして自分でもそう思っていた。
それは、間違いだった。
僕はまるで愛せていなかった。

誰かを批判する前に、キリスト教徒を批判する前に。
僕自身が何よりもクリスチャンでは無かった。
信仰さえあれば良いと思っていた。
愛をいつの間にか見失っていた。
知恵があれば、愛は見つかると思っていた。
まったくの愚者だった。

なぜ、愛せなかったのか。
愛せば辛くなるからだと気付いた。
愛する人間を増やせば増やすほど辛くなる。
愛する人間に対して、何も出来ない自分に対して絶望することが辛い。
それだけならまだしも、引導を渡さなきゃいけないこともある。

なぜ、皆が清くないんだろう。
なぜ、皆間違えるんだろう。
その結果、今ある幸せすら壊すようなことを自分自身が行い
なぜ、それを僕程度の人間が知り得るような底の浅い真似をするんだろう。

愛せば、辛くなる。
愛せば、茨の道を歩まなくてはならない。
他人のせいにすれば、驚くほど苦しみは少なく、悲しみも少なく
そして、僕自身に対して絶望しなくて良い。
愛しさえしなければ、自分自身を懐深いものとすることが出来るのに。

なぜ、僕は愛せないんだろう。
なぜ、他人のために涙を流せないんだろう。
なぜ、僕は何も出来ないんだろう。
なぜ、こんなにも心が辛くないんだろう。
なぜ、僕はこんなにも汚い。

愛したいと思う気持ちよりも、自己保身を優先する僕の心は一体何様なのだろう。
神様、再臨の時が近いと言うなら早くしてくれ。
少しでも早く、この世を愛で満たしてくれ。






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。















スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ずいぶん久しぶりに拝見しました。

一重まぶたさんは自分の感情に振り回されているように見えますね。
否定したかと思えば愛を語ってみたり。

人間の感情はかなり上下するものですし、考えもころころ変わります。
私もそうです。
だからこそ、人間の中に真理などないのです。

神様の言葉は感情的ではなく、いつも淡々と冷静に真実が語られています。
弱く不完全な人間ではありませんから。

あ、でも聖書は信じていらっしゃらないんでしたっけ…。

失礼しました。


【2011/06/12 02:28】 URL | たんぽぽ #OLXBrocU [ 編集]

>>たんぽぽさん
あ、お久しぶりです。
また、コメントしていただけてとてもうれしいです。
確かに、人間の感情はかなり上下しますし、考えも変わります。
ただ、僕はその感情の上下で聖書の読み方も変わってしまうんじゃないかな、と思うときもあります。

人間の中に真理はないと仰るたんぽぽさんと、人間の中に真理があると思っている僕は随分と違いますよね。
でも、そんなたんぽぽさんを僕はある意味で信頼しています。
不思議なものですよね。
【2011/06/12 23:05】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

こんにちわ
こんにちわ。一重まぶたさんの言葉の使い方好きです。
「愛する人間を増やせば増やすほど辛くなる。」
とっても心に響きました。
愛して辛くなることがわかるのは、愛した経験がないと言えないと思うんです。だから響く感じがする。
愛する、というよりは、大切にする、と言った方がしっくりくるかもしれませんね。
どうも愛には痛みが伴うようです。
マザー・テレサも痛むまで愛せ、愛には痛みが伴う、と言っていますね。
いい記事をありがとう。
【2011/06/13 01:06】 URL | Francisco Maximiliano #mQop/nM. [ 編集]

>>Francisco Maximilianoさん
愛して辛くなることがわかるのは、愛した経験がないと言えないということは、僕も誰かを愛せたことがあるのでしょうかね。
そう考えると、少しばかし嬉しいです。

ありがとうございました。
素敵なコメントをありがとうございます。
【2011/06/13 23:11】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/264-6d02a28c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。