君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


許されたい、赦されたい
クリスチャン。
この言葉が持つ意味は何だろうな。
キリスト馬鹿とはよく言ったもので、確かに馬鹿みたいな奴は多い。
キリストに狂うとはよく言うが、確かに狂ったように信じる人間も多い。
それが、是か非かなんてことは問うつもりはない。
ただ、思ったことを口にしただけだ。

こんな言葉を吐く僕でさえクリスチャンを自称している。
だけど、僕はイエスさまのようには決して生きることが出来ない。
主の祈りを祈るたびに、僕はいつも違和感を感じていた。
なんで、僕たちに罪を犯すものを僕たちが赦すように僕らの罪もゆるしてくれ
だなんて、言えるんだろう。
僕には不思議だったんだ。

違うんだよ。
赦すなんてことは、案外は出来るもので
そんなに、そんなに大した問題じゃないんだ。
生まれたときから、そんな価値観で育ってきたんだ。
ノンクリスチャンでも赦すことが出来る人間がたくさんいるんだ。
そんなことは大した問題じゃないんだよ。

僕は、特に僕はそうさ。
人の悪行を目ざとく見つけては、それを気にしないふりをしてまるでそれを赦したかのような振る舞いをするのさ。
自分自身がまるで、とても心の広い人であるかのような錯覚に浸りながら悦に入る。
そうしていると、案外尊敬が集まったり、優しいだの言われるようになる。
嗚呼、自分に栄光を返した結果なのかな。
自分自身に対しての絶望の振幅も、それこそ絶望的に確定的になってしまう。

僕自身が人を傷つけたとき、僕はどうすればいいんだろう。
僕自身が人の心を侮辱したとき、僕はどうすればいんだろう。
そうだよ、僕は許されたいんだ、赦されたいんだよ。
でも、赦されない人がいるのは現実だから神様の赦しが欲しくなる。

神様の赦しは絶対的で自分自身がこの世に存在していてもいいと思えるのだけれども
だけど、赦されない人がいる現実は僕の目の前で高笑いをしている。
嘲笑されるような気分にさせる現実という名の怪物たちに立ち向かい続けるほど僕の心は鋼ではなく
また、サイコパスにもなりきれない。
僕が悪意を持って、誰かを傷つけたのならば笑うことも出来るのだろう。
だけど、大切な人を傷つけてしまったときの心の柵はどこにも出口を作らない。

だから、この世の現実を見ないように赦される場である教会ばかりに傾倒していく気持ちはわかるんだ。
ああ、クリスチャンがこの世が全員クリスチャンになればこの世は平和になるって言う気持ちは痛いほど分かるよ。
だけど、ご飯を食べるためには違う共同体に身を置かなければならない。

それすらも拒否して教会という共同体のみで生活することを僕は責めることは出来ないのだろう。
でも、一つだけ忘れてはいけないことがあるんだ。
それは、教会にすらもどうしても赦すことが出来ない人間はごろごろいるんだよ。
首を絞めてやりたくなるような人間なんざ腐るほどいてさ。
信仰を持てば成功するだなんて言っているようなアメリカの牧師を障害者に変えてやろうかと思うほどだよ。

だから、人間のいる場には赦されない環境が必ずあって
それでも、僕たちは神様に赦されていて
それでも、赦されない現実もそこにいる。

胸が痛くて、苦しいよ。
許されたいし、赦されたいよ。
赦したいし、赦されたいよ。

もっと、違う人間だったら別な人生を送れたのかな。
スヌーピーのように「配られたカードで戦うしかないのさ」とはなかなか言えない。







にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。












スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/260-6e29f191



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。