君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


枯れる。
そういえば、自分の年来を四捨五入したら三十路になるようになっていた。
切れないと思っていた息は、階段で切れるようになった。
すぐ落ちると思っていた脂肪がへばり付くようになった。
すぐ治ると思っていた怪我が長引くようになった。

溢れ出ると思っていた言葉たちを、捻る出すようになった。
尽きることが無いと思っていた純粋な怒りは、燻るようになった。
自分の本質から来るものだと思っていた優しさは、どうやらそうでもないようだった。

僕の中で枯れていくものたちを切に感じる。
体力も知力も才能も、成長率やそういったものが確実に落ちた。
僕程度の年で、そんなことを言っていたら怒られるのかもしれないけれど、実際に感じる。
僕には、もう世界平和が夢だなんてことを堂々と語れない。

自分の限界を知り、能力を知り、それなのにどこからか仕入れてきた知識で祈りすらも拒否する。
クリスチャンとしては、どうなのかと思う毎日を送りながら僕は生きている。
そんな日々に幸せを感じて、品行方正なクリスチャンでいるときよりは自由を感じている。
その代わりに、品行方正なクリスチャンだったときよりは充足感は無い。

個々人の中にある心のフィルターさえ取っ払ってしまえば、みんながみんなの話を聞くようになる。
そんな風に思っていた時期が僕にもあったのだけれども、心のフィルターは自分の心を必要以上に
傷つけないためにあるものだと気付いた時から、不可能だと思うようになってしまった。

人は人の話を聞けない。自分自身を傷つけることが嫌いだからだ。
僕は君の話を聞けない。自分自身を傷つけることが嫌いだからだ。
君は僕の話を聞けない。自分自身を傷つけることが嫌いだからだ。

だから、僕らは表面上の話をする。
そして、信用が出来たら少しずつ心のフィルターの目を広げていく。
だけど、心のフィルターが無くなるなんてことはあり得なくて
結局のところ、人と人は分かり合うなんてことは原理的に不可能なことを思い知った。
だから、僕はもう世界平和が夢だなんてことを堂々と語れなくなった。

だから、必死で語る。
世界平和が夢だってことを必死で語る。
皆、分かり会うべきだと必死で語る。
不可能を可能にする方法を考えるべきだと言う。

三十路の時にはなんて言っているんだろう。
僕は成長しているのか、枯れているのか。
神様は僕をどう扱うのか。
さあ、楽しみだ。





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/257-eeaadfef



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。