君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


怒る日々
僕は最近短気だ
恋人にもそれで怒られる日々だ
なぜ、僕がこんなにも怒っているかとというと僕は自分に対して怒っている
僕は、何にも出来ない
この現実が自分自身を責め立てる

なぜ、何も出来ない
なぜ、何も出来ない人生を歩んできた
なぜ、僕はリスクを恐れて何もしようとしない

きっと、何をしても不満足な僕は本当にこんなことでいいのかと
自分を責め立てながら、日々の日常を変えようとはせずに
今の自分を忘れるように、楽しいことだけに目を向けて
夜に一人になったときに後悔をする

クリスチャンだからと言って、僕は愛に溢れいるわけでも清くも無い
優しくあろうとしても、結局のところそれは社会的な弱さにも繋がる
残酷さを持とうと努力しても、残酷さには勇気も必要で僕にはその勇気も無い

何をしているんだ僕は
何がしたいんだ僕は
中学生、高校生の頃に済ませていなければならない問いを僕は未だに問い続けている
そんなものに何の価値も無いのに、日々を一生懸命努力することすら放棄して
身近な社会の不正を暴こうと躍起になって、それも出来ずにただだらだらと日々を生きる
そして、そんな自分自身に不平不満を覚えて怒りを覚え、それをまき散らす
まったく、最低だ

そんな私でも信じることで救われました
そんは話もよく聞くよ
だけど、僕は既に信じているしクリスチャンであることに僕自身は疑っていない
だけど、まるで愛に溢れていないこの僕はクリスチャン失格かい
クリスチャンになろうが、伝道者になろうが僕が苦しんでいる社会は変わらない
ああ、救いたいよ、僕だって出来るものなら救いたいよ
だけど、そんなこと誰に出来るんだい
常識的に考えたときに誰が出来るんだい

君は、奇跡を信じるのかもしれないけれども常識に埋没している僕に奇跡んなんてものを
信じる気には特にならない
君が言うリバイバルやトランスフォーメーションなんてものも結局のところ群集心理と歴史的文化の結果に
過ぎず、奇跡なんてものとは程遠いと思うんだよ

だから、この日本でリバイバルなんてものを望んでもそれはほぼ無駄なんだよ
見てみろ、僕を
クリスチャンと言いながら、こんな言葉をまき散らしている人間を
君は熱心なクリスチャンに変えることが出来るのかい

ああ、こんな言葉を言いたいわけじゃないんだ
なあ、神様
何だって、人は人を傷つける
何だって、人は自分を傷つける
誰だって幸せになりたいんだ、幸せにしてくれよ
正しい道があるのなら、なぜ直接統治してくれない
聖書だなんて間接的なやり方をとるから、皆迷うんだ

神様が分からないんだ
人間が分からないんだ
自分が分からないんだ

泣きだしそうだよ、ちくしょう
何だって、こんなにも何も出来ないんだ
何だって、こんなにも満足出来ないんだ
分かっているんだ、自分がそれを拒否しているぐらい






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/252-c77b65c5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。