君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


惰性の毎日
端的に言えば、僕は卑怯者なんだろう
職場に上司に言われたのが「君は神経が図太いな」だ
僕も、そう思うよ
僕は人を騙すことも別に平気だし、嘘を吐くのも日常茶飯事だ
それに、騙したり嘘をついたりしている人間と心から笑いあう
そんな人間なんだよ

クリスチャンがこの世を嫌うのはとても分かる
心労が多いこの世界で、僕も漏れずに疲弊している
だけど、爽やかだと思っていた場所が実際にはどろどろした
人間関係で成り立っていると知った時は、不安と同時に高揚感を覚えたよ
好きなんだ、そういうのが
そんな人間関係の中で、僕は主導権を握りたくて奔走して、そして負ける
そんな惰性の日々を過ごしているのさ

意味も無いのに、何かと敵を作って戦って
心の中で勝っただの負けただのと、自分の審判で判断して
喜んだり、悲しんだりしているんだよ
そうやって、いつしか自分の勝ち負けにだけ目が行くのさ

周りで少なくとも今は自分よりも成功している人間を見ては妬み嫉み
「人のために」なんてお題目はどこへやら
気にするのはいつしか、自分の将来のことにだけになって
そして、必死に自分を肯定しようと不安になるのさ

幸せには金は関係ないだなんてことを嘯きながら
自分が思う幸せには、実際のところ金が必要だってことに
気がついて自己矛盾を生み出す

そんなことを見たくないから、人付き合いの中に幸せを見出そうと
しても、自分がそう見るように他人も自分を評価で見ようとする
優しかったり、金があったり、何だりと条件を付けて
相対評価の中に落とし込まれる不安感を掻き消そうと躍起なって
また、独りよがりな心の勝負を誰かに挑むのさ

だけど、嫌だなそんなものは
分かっていた話なんだよ
社会に出たら、理想だとか平和だとかが馬鹿馬鹿しく思えるのは
自分だけの信念や価値観を社会通念と誤解して、経験が浅いと言われている
実際には、僕なんかよりもはるかに勉強していて頭が良い人間の思想を馬鹿に
するなんてことは分かっていた話なんだよ

だけども、他人の話を聞かない理由のもう一つが分かったんだ
それは、他人の話を認めてしまうと自分を否定しなくちゃいけないのさ
どちらが正しいとかじゃなくて、新しいものを作ろうとしても
結局のところ以前の自分を壊さなくちゃならない
そっから這い上がる体力なんてものは、誰しもが持っているわけじゃない
そして、それは皆うすうすと勘づいていて、自分にも這い上がることを強要
されたくないから、同調はせども考えを聞いたり変えたりなんてことはしないのさ

幸せだとか自己満足だとかを初めから持たなければ答えは簡単なんだ
もしくは、生きているだけで成功だとか言うのを本気で思えばいいのさ
簡単なことでは無いけども、完璧に不可能でも無い
でも、万人が出来るかと言われればそうでも無くて
僕は、思考実験の中で今日も世界平和の反論に
負けている惰性の毎日を過ごしている

ちくしょう、頭が良い奴らはとっとと世界を平和にすればいいんだ
そうすれば、凡人Aでも満足出来るのに




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/251-92ce692e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。