君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


若者を馬鹿にする人間を馬鹿にする話
色々なブログやHPを見ると面白い
その中には尊敬できるものもあるし、癇に障るものもある
特に反論したい記事があったので、今日はそれに反論する

「命と性の日記~日々是命、日々是性」の中にある
『「年齢7掛け説」と「高校生の性体験」』という記事だ

http://blog.chiisana.org/?day=20110306

とうやら、有名な牧師らしいが
馬鹿な話だなと思う
最近、特に思うのだけれども若者の変化を未熟化と
捉えている人間はいったい何が言いたいのだろう
自省を促し、自分が思う「立派」な人間になれとでも
言いたいのだろうか
馬鹿らしい、反吐が出る

特に、この論説における暴論と言えるものが
若者の変化の責任の所在をはっきりと言っていないことだ
文脈からは、むしろ責任を若者にあるとでも言いたげだ

この論文においては、若年層の性体験の原因を
「十分な判断力も責任感もなく、後先を考えず、流れや、雰囲気」
で行う若者にあるとした

僕は、単純に避妊器具の発達と低料金化
そして、中絶の匿名性と安全性が増したところにも原因があると思うよ
環境が同じだったら、今の40代や50代もやるだろう
そもそも、援助交際なんかが問題になったのは今の40代や50代が
女性を金で買ったところから始まっているんだろう
性欲もモラルも、本質的に男である限り変わらないと思うよ

じゃあ、仮に今の若者のモラルが本当に低いとしよう
僕は、何よりも無責任だと思うのがそういう若者がいるのが
若者自身の責任にあるかのような論調だ
この人は若者がコウノトリが運んできたり、キャベツから
生まれたりすると思っているのだろうか

人間が出来る過程に社会や教育が大きな影響を与える
じゃあ、その社会や教育を作ったのは誰だ
今の40代や50代だと思うのは間違いかな

自身が作ってきた社会や教育の結果を批判しながら
自身の責任を何も省みないどころか、者に
責任を全て押し付ける
人間こそ自省するべきだよ
恥知らずめ

若者のモラルの低下を本当に嘆くなら、態度が違うと思うんだよ
この社会を構成してきたにも関わらずに、まるで自分の意思があれば
現在の社会とは無関係で、むしろ自分は社会と違うから立派な人間だとでも
言いたげなその態度はしっかり若者に受け継がれているよ

だから、みんな社会の規範なんかに囚われないで
自由に行動を起こすのさ
子供は先人の背中を見て育つとは本当だ
涙が出るよ

まあ、僕の意見も暴論だ
社会を作りだすのは、人間の直接的な意見や意思だけじゃない
経済状況や世界情勢、その他諸々のグループダイナミック等から
いくらでも、変化していく
今の現状の若者の責任を40代、50代に全て負わせようなんて
いうのは、全くもって間違いだ

だけど、若者を無思慮に馬鹿にするならば
だけど、若者を世代で見て馬鹿にするのなら
僕も同じ方法で、中年を馬鹿にするだけだ
大人なんだから、大人の姿を見せてくれよ
ちくしょうめ



※コメント欄やメールが無かったので、勝手に載せました。
 問題があった場合、削除します。

※追記
 ブログをよく読んだ結果、若者にのみ責任を押し付けているのではなく、親や周りの大人の責任であるとも言っていました。
 そういった面で考えを改めた部分には線を引かせて頂き、改めていない部分はそのままにしてあります。





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/245-44bc2295



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。