君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包み込む空のように
神様の愛ってやつは目に見えるのかな
なんとなく、森羅万象に表れているのは知っているんだ
僕だって、空や森を見て「ああ、神様ってすごいな」とは
思うんだよ

だけど、僕らの心や魂を救う愛
そいつは、森羅万象にはそんなには表れてはいないと思うんだ
僕らの心や魂を救う時には、必ず誰か人がそこにいる
僕らを傷つける人に、僕らは救われて
傷つけるってことを、認めたくなくて
善いものは全部神様のせいにする

だけど、その愛が人からくるだなんて過剰に
期待してしまうと、いつだって裏切られる
人の心の中には悲しいけれども、愛以外のものも
たくさん入っていて、それが僕らを傷つける

全くの愛ばかりを求めて、僕らはキリスト教に熱心になって
クリスチャンだけを自分の周りに置くようになることさえ
しばしばあるんだと思うんだ

別にそれが悪いと言いたいわけじゃないんだ
神様の愛ってやつは何なのかなって疑問に思うんだ
僕らを愛している、いつだってそばにいる
それは分かった
じゃあ、何だって言いっぱなしなんだい
相談はどこにすればいいんだい

僕らは答えが聖書にあると言いながら、実は
周りの人に相談をして
聖書に答えと応えがあるっていうアドバイスをもらって
それで、僕らは何を見ているんだろう
僕らは何をしたいんだろう

目を塞いでも開いても、答えは無くて
答えなんて概念がひょっとしたら間違っているのかもしれいし
僕のこの妄言はひどくくだらないのかもしれない

世界平和だなんて言ったって
それを実現する手段なんてものは
誰だって自分の中に答えを持っていて
そして、ぶつけ合う

争うのが好きなんだろうな、僕たちは
誰かと競わないと、僕らは駄目なんだろうな
人間らしくないんだろうな
でも、そんな人間らしさが憎いよ

辛いな、すごく辛い
自分が何も出来ないのが辛い
神様にすがらないことも辛い
薄皮みたいなプライドで、何を守っているんだろう
何を守れるんだろう
何かを守りたいんだろう

そうだ、大切な人を守りたいんだ
とてもとても、大切な人を守りたくて
否定したくなくて、愛したくて
抱きしめたくて、辛い時に傍にいたくて
君はとても、素敵なんだよって言ってやりたくて
そして、何より僕が傍にいたい

おかしいなそのためになら世界なんて敵に回したっていいや
でも、僕は敵なんて作りたくない
そんな日和見主義が生きていることを許されているこの世界は
なんだかんだ言って、やっぱり嫌いになれないや

もっともっと素敵にならないかなこの世界は
ハッピーエンドだけの世界にならないかな

ああ、もっと優しくなりたいな









にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/235-8d2f5e97



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。