君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちくしょう、何も分からない
ああ、ちくしょう
言葉が溢れるんだ
こうやって、表に吐きださなければ内側で
何がしのエネルギーとなって、僕の血となり肉となって
何かかしらの偉業を成し遂げる原動力になるのかな

なあ、本気なんだよ
本気で世界平和にしたいんだ
ただ、そのために何が必要かだなんてことなんて
まるで分からなくて、まるで見当もつかなくて
現実にこの世界の基礎を作り上げてきた一部の
天才共にまるで勝てる気がしない

自分に有利なルールだとかそういったものを決めて
一部に多大な恩恵が受け取れる世界にしたのは
いつだって、僕らが特別な存在になりたいからだよ
自分にはエコひいきしてほしいし、褒められたいし
認められたいから、何かが必要なんだ

吐きだしたい気持ちがあるんだ
叫びたい言葉があるんだ
だけど、吐きだすだけじゃ、叫ぶだけじゃ
この世界は何一つ変わらない

何が何だか分からないよ
残酷な心と、そいつを責め立てる心でいつも喧嘩だ
心がどうだとか、こうだとか決めつける奴らもいるけれども
実際のところ、何が心で心じゃないかだなんて分からない

全ての人に愛を注ぎたいと思えば、
この世の中の欲しいもの全部独り占めにしたいと思う
だけど、全ての人に愛を注ごうとする奴らは馬鹿とされ
独り占めする奴を天才と呼んでいるこの世界じゃ
誰だって、独り占めしようとするのも無理ないさ

それが、どこまでが個人の責任でどこまでが社会のせいなのかだなんて
明確な境界線は引けない
だから、信仰で天国に行けるだなんて与太話は
全ての人には通用しないと思うんだ

でも、人間は自分の中に確固たる信念が無いと不安で不安でたまらなくて
だから、叫んだり、悩んだり、決めつけたり、裁いたり、優しくしたり、愛したりだと
忙しそうにぐるぐる堂々巡りを続けている
だから、価値観だなんてもので争って、戦って
僕たちは生きる価値を見つけようとする

だから、僕たちが生きる価値を諦めたら平和になると思うんだ
だけど、そいつは出来るのかな
生きる価値観事態を世界規模でなんて出来るのかな
僕は、自分以上に人を愛することなんて出来るのかな

分からないことだらけだよ
ただ、そんな世界も空しくはならない
意外と、そんな日々も幸せだから








にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/233-7877092d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。