君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲイとレズとバイセクシャル
僕の友達にはゲイの人がいる
バイセクシャルの人もいる
女性のバイセクシャルも知っている

でも、これって変んな話だ
普通、男性を好きな女性の友達がいるなんて話し方はしない
でも、こうやって話さなきゃいけない理由があるのが悲しい

聖書に男色は駄目だと書かれている
だけど、僕はあえて言おう
ゲイもバイもレズビアンも全然OKだと

旧約聖書には女と寝るように男と寝るなと、申命記に書かれている
なんでだと、考える?
答えは子供が出来ないからさ
その当時SEXは子供を作るだけのもの
そう、それだけのものさ
産めよ、増えよ、地に満ちよ
だけの世界さ

というより、レズビアンのことについては何も書かれていない
聖書が全く正しいというのなら、レズビアンは何処にも罪と記載されていないからOKだ
だけど、これは女性差別の表れだ
女性主体のSEXなんて考えられていなかった時代の話だもの

新約聖書ではパウロが男色と男娼を禁止している
でも、ここでいう男色と男娼とは今でいうゲイじゃない
男娼は、ローマの神殿男娼のことだ
彼らとSEXすれば、神と交わるという概念が当時のローマにはあった
男色は、主に児童を誘拐して性的虐待をすること
パウロはこの二つを禁止したに過ぎない
そもそも、独身主義のパウロに性的なことを相談すること自体間違っている

ゲイの人もバイの人もレズビアンの人も、人を愛す
人が人を求める
これが罪になるというのならば、僕等に生きている価値なんてない

もう一度言おう
ゲイだろうが、バイだろうが、レズビアンだろうが全然OKだ
そして、さらに言おう
聖書にそれらが駄目だなんて書かれていない!
絶対に


にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ゲイについて
僕も旧約聖書にレズについて書かれてないという点から、ゲイも別にOKと思いたいです。あの規定は神から出たものではないと思いたい。
神を愛すること、それと同じように人を愛することさえ意識していれば、あとはそれぞれの国の慣習や決まりに従っていれば良いと思います。
【2013/10/15 00:08】 URL | あきら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/23-13e27430



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。