君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間の嫌いなとこ
僕は人間に嫌いなところがたくさんある
冷静な人間なんてどこにもいやしない
誰もかれもが、自分の中にある大切なものを守ろうと
自分に嘘をついて、自分に嘘をついて
他者に気に入られたり、愛想を振りまいたり
実力で唸らせてみたり、虚栄を張ったり
そんなことを繰り返している

ちくしょう
なんで、こんなに嫌われることが怖いのか
なんで、こんなに権力に屈してしまうのか
ホームレスの人にも意味があるだとか
自殺も尊厳ある死の形だとか
綺麗事ばっかり吐いている僕のこの心は
結局のところ、そいつが自分に降りかからないから言える話なのさ

こんな、卑怯者が何かを語る術があるのか
分かっている、だからみんな聖書やキリストを語るのさ
自分自身の心の汚さに気づいているから、自分以外の心を語るのさ
自分にはそんな資格やら、意思なんてものは無くて
神様に頼らなきゃ、自分には何も出来ないと思いこんでいるんだ

だから、僕は僕のエゴで語るのさ
聖書を媒介に語っていても、結局のところそいつは君の心から来ているのさ
神様が君に与えただなんて、言ってもそれは君のモノさ
君の中にある愛は、君のものだってね

僕は、自分には価値が無いだなって思う人間の心が大嫌いだ
だから、僕は自分の心が大嫌いだ
だから、殻を作って自分の考えを強制的に変えて
だから、薄っぺらくて自分の心の底から語れなくて
だから、他人を説得するだとかそんなことは不可能で

でも、それでもやっぱり人のために何かしたいと思ってしまうんだ
そんな心が誰の中にでもあるのだと思うと僕は嬉しい
そういった心の声にもっと、素直になれたら僕はきっと僕を好きになって
きっと、そうやって堕落していくんだろう

だから、他人も自分も人類も好きになったり嫌いになったりの繰り返し
それが、善いことか悪いことかも僕にはわからない
何も分からない僕は、僕がここにいることしか分からない

だから、分かりたい
分かりたいから君と語りたい
分かりたいから何かをしたい
真理が欲しい
知恵が欲しい
愛が欲しい

嗚呼、神様に会ってみたいや
















にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでください。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/221-e5ad3a65



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。