君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1%の伝道
日本におけるクリスチャンの割合は1%
ちゃんとした統計なのかどうかは知らないが
昔からそう言われている
まあ、もうすぐ去る僕の上司もクリスチャンだ
意外と世界は狭い

僕も昔は伝道やら、そういのに熱心であろうとした時期があった
ヤングユースやチェンジングライフみたいなものに参加して
霊的な体験をして、脳内麻薬の味を占めた
その時を振り返りながら、日本におけるクリスチャンの割合が
1%なことに合点がいった

日本にも、当然のように伝道に熱心な宗派や熱心な教に熱心な人がいる
だけど、そういったところはなぜか、信仰に燃えているのかは知らないが
ハレルヤとよく叫び、叫ぶように祈り、熱狂的な礼拝を好む傾向が強い
僕は、そう思っている

実のところ、それは世の中の99%の人には受け入れがたい代物で
結局のところ、どんなに頑張ろうと1%の人間ぐらいしか受け入れることが
出来ないから、1%から上がらないのだと思う

そして、リベラルや日本基督教団みたいなところは
熱狂的では無い分、受け入れる幅が広いのかもしれない
ただし、その分伝道に力を入れていないからこっち側も1%の人間しかいない

それが、現実だと思う
伝道を頑張っていないからだとか、聖霊が満たされていないだとか
サタンの誘惑だとか、なんだかんだと日本でキリスト教が主流に
ならない原因を外に求めがちな僕らだけれども
原因はきっと僕ら自身にあるのかもしれない

僕らの周りの99%は、実は僕らと考え方が違うんだ
そいつを実感しているかい?
もし、それが実感出来ないのならきっと君は世界を閉ざしている
もし、それが嘘だと感じるのならきっと君は世界に蓋をしている
そんな気がするんだよ

99%の世界を覗いてみるとショックなことばかりさ
自分たちと違う常識で生きていて、僕の目には罪深いと
思えることが平然と行われている
嗚呼、確かにこの世には愛が足りないと最初は思うが
慣れてしまうと、その奥に隠されている意外な愛が見えてくる
それは、クリスチャンの愛に決して劣らない

自分の信じるものが真実だと疑わずに99%の世界を切り捨てるのは
余りにももったいないと思ったんだ
僕らはこの99%と何を話せば良いのだろう
そして、僕は君とどう話そう

多くの価値観の中に身を置くなかで、たった一つの真実を
胸に秘めて残りの価値観をドブに捨てるような生き方が
果たして神様の意志なのかな

君の喜びを伝える手段はきっと他にもあるはずだ













にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでください。














スポンサーサイト


この記事に対するコメント
あなたはクリスチャンですか?聖書に書かれてある神様がいると信じているんですか?
信じているなら信仰によって歩みましょ単純なことじゃないですかっ。。
【2011/02/18 15:35】 URL | 田中健次郎 #- [ 編集]

>>田中健次郎さん
ええ、クリスチャンですよ。
ただ、聖書に書いてある神様っていう表現が難しいですよね。
聖書の年代によって、大分変わってますから。
まあ、僕の中ではこれがまた単純じゃないんですよ。
【2011/02/20 20:35】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/220-9d2c7beb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。