君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


進化論と創造論
まず、このタイトルからして馬鹿げている
進化論と創造論は全くの別物、質的に間違っている
キリスト教徒がよく陥りやすい罠の一つにこの進化論と創造論の問題があると僕は思う

まず、進化論を否定しても創造論を肯定することには全くならない
創造論は他の宗教にもある
進化論は科学の範疇であり、創造論は宗教の範疇
比べること自体、間違っている

アメリカの南部のほうでは、学校教育に創造論を取り入れさせるために活動している人がいるらしい
熱心なファンメンダルな方々だろうけど、彼らは自分のやっていることの危険性に気づいていない

進化論は科学の範疇、つまり「公的」な分野だ
創造論は宗教の範疇、つまり「私的」な分野だ

創造論を学校教育に取り入れようとするのは、私的な価値観を学校に取り入れてもいいということだ
それは、学校の崩壊を意味する
なんて狂っているんだろう

キリストに狂う
これがいい意味で捉えられることが多いが僕はそうは思わない
キリストの名を冠せば、全てがゆるされる風潮じゃなきゃこれはゆるされない
そして、僕はそれを決して許しはしない

僕がチャーチ&ホームスクーリングを否定的に捉えるのもこのことが大きい
彼らは、親と教会でも勉強は充分だというが公的な勉強はどこでするのか?
同じ価値観の人が集まって、その中で過ごさせるのは公的な勉強とは言えない
違う価値観の人と触れ合わなきゃ公的な姿勢は身につかない
彼らが行なっているのは単なる思想の押し付け
言うなれば、私的な考えの押し付けだ
僕ははっきりとそう言おう

逐語霊感説も結構だが、それだけで人生を生きていけたら僕等はここまで苦しまない
ここまで泣きやしない
そして、ここまで笑えやしない

進化論を否定する人達は、地球が太陽を回っているのを否定した昔の教会の人とよく似ている



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/22-b85b6e13



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。