君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう一度、ずたずたに生きていこう
今日は、久しぶりに自分の日記を読み返してみた
久しく思いだしたけれども、僕はどうやら色々な人と議論をして
そして、その中の大半の人と分かり合えなかったようだ

それが、当時の僕だったんだろう
経験も知識も思慮も足りなかった分、純粋だった
そう、純粋に腹が立っていたんだと思うんだ
昔に書いた記事
「ずたずたに生きていこう」
こんな記事は、きっと今の僕には書けない

妥協を覚えて、やり過ごすことを覚えて
そして、静かに怒ることを覚えた僕にはきっと書けない

理性的に人を追い詰める術を覚え、礼節を忘れ
愛を忘れ、そして人のために何かしたいという気持ちも薄れ
そんな風になりそうなときに、昔の情熱を少しだけ思いだしたい

そして、叫び続けたい

信仰が絶対のものだと言う奴らがどれかで残酷なことを言っているか
そして、責任をあまつさえ神様に押し付けているか
聖書に書いてあることが絶対的に正しいだなんて信仰をいつまでも
そう、いつまで確信に変えて畏れることを忘れたクリスチャンに
僕は怒る心を未だに忘れてはいない

安いハレルヤを何度も何度も叫び続け
純粋な他者への愛と、そして自己満足が入り混じった
悪とも善とも判断つかないその心の有様をキリスト教だからと
善と決めつけるその様はに、僕は納得しない

この世のことなんかどうでもいいと言いながら
純粋な他者への愛と、そして自己満足が入り混じった
善とも悪とも判断付かない未信者の有様をキリスト教じゃないからと
悪と決めつけるそ様には、僕は納得しない

なあ、クリスチャン
何だって、そんなに僕らを見てくれない
何だって、聖書の権威を笠に着て、自分が正しいと言えるのか
僕は見てきたよ
「私はキリスト教が真実だと思っている。でも、他の考えを否定する気は無い」
なんて言う輩を

おいおい、じゃあどういうことだい
君は他の考えも真実だと言うのかい

「いや、そうじゃない。あくまで私にとっては真実というだけでその人たちの考えを間違っているとは言えない」

はは、こいつは傑作だ
君は否定すらしない
君の中の世界に、彼らはいないんだ
世界が違うからと、他の意見の人間を自分の世界から排除して
否定もせず、肯定もせず、ただ無視して眺めているだけなのさ

でも、現実に君はこの社会の中にいて
その社会の中で、君は自分の考えが真実だと主張して
その主張は他のものにとっては自分が間違っていると言っているのさ

そして、君は変わらずに聖書は真実だと主張して
切り貼りした聖句を心の支えにして
そして、確信を保っていくんだ、信仰を忘れて

そして、僕は変わらずに聖書は真実じゃないと主張して
切り貼りした知識を心の支えにして
そして、疑惑を保っていくんだ、信仰を忘れて

そんな世界は悲しすぎるから
ひょっとしたら、僕らはもう少し手を取り合うべきなのかもしれないな
わだかまりなんてものを捨てて
僕らは手を取り合うべきなのかもな

ずたずたに生きていくってのは楽じゃない
どうしても、楽な道へ心が傾く
だから、僕たちはきっと、人を傷つけるのだと思う
そんなのは、悲しすぎるから
少しでも、人を傷つけずに歩みたいものです












にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでください。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/215-28c92c97



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。