君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パウロはキリストじゃない
よく勘違いしてしまうことの一つに
僕らはパウロの言葉とイエス様の言葉を混同して
しまうことが多々ある

パウロの言葉の数多くが、それは僕らにとって
まるで有益であるかのように見せかけ、その実のところ
ただ単に、当時の一教会に当てられた言葉であることもあるんだ

特に、パウロは男女の違いについて明確な差をつけようとしたんだと
僕は思うんだ
だけど、今の世界にはゲイもビアンも溢れている
トランスセクシャルの人たちの前で、男女の違いを堂々と
話せる牧師がいたとしたら、そいつは単なるクソ野郎だ

なあ、イエスさまは答えたじゃないか弟子が結婚するかしないかの質問に
こうやって、答えたじゃないか
「「生まれつきのタマなしもいれば、わざわざタマなしにしてもらうようなヤツもいる。
そして、天の国のためのタマなしもいるのさ」って

なあ、全ては神さまの思し召しなんだよ
僕らはなんだって、正しい道だとか癒しだとかにこだわるんだい
よっぽど、いやらしいよ

自分の誇りが欲しかったり、ご利益が欲しがるのがキリスト教かい
僕は、それは少しばかり違うと思うんだよ
そう、癒しの話が出るたびに祈っただけじゃ癌が治らなかった親父を
思い出すよ
君の癒しの経験は一体何から来るのかさっぱりと分からないけど、
その癒しの経験がまるで信仰から来る見たいな言い草はやめてくれないかな
癒されないと信仰が無いだなんてそんな馬鹿な話があるものかい

イエスさまは生まれつき、目の見えない人がいたときなんて言ったんだい
弟子たちが「本人のせい? 両親のせい?」だなんて頓珍漢なことを戒めたじゃないか
神さまの栄光が現れるためだろう
そいつは、イエス様は奇跡を起こすから言ったのかい
僕は、そんなものは信じたくないね
皆、栄光を表していると思うのさ
生きている人間、それだけで神さまの栄光を表していると思うのさ
それだけじゃ、不服かい
超自然的な現象や、確信や誇りや癒しや聖霊や威厳や異言が欲しいのかい

パウロの言葉は所詮はパウロの言葉だ
神さまの言葉じゃない
僕は、聖書を懐疑的に読むことになんら抵抗は無いんだよ
むしろ、聖書を懐疑的に読まないことの方が神さまに対する
冒涜でさえ思っているんだ

なあ、君はどう思う
僕は、そいつを知りたいんだ





















にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/207-8824cba3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。