君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界平和くらい簡単に作ろう
忘れかける志を、いつだって僕は現実に引きもどそうと努めている
世界平和だだとかいう、とても個人の力では成し遂げることが出来なく
それでいて集団でも、集団になった瞬間に実現出来ないような
そんな、志をいつだって心の中に持っていたいと思っている
この愚かな心がなんだって、僕の魂にあるのかと問いかけたい

世界平和を望むことを笑う人は、きっと幸せか不幸せなのか
そのどちらなのかとは思うけれども、そんな幸や不幸かが
人生というか君にとって、どれほどの意味を持つのかが
僕にはわからないけれども
そう、思うんだ
僕たちが言う、幸せやら不幸やらは一体なんなんだい

僕が幸せだと思えば、それがきっと君が見たどんな不幸な
事象であろうとそれは、ひどく幸せで
僕が不幸だと思えば、それがきっと君が見たどんな幸せな
事象であろうとそれは、ひどく不幸で
それは、僕が見た君にも当てはまって
だから、僕らはついついと呟いてしまうんだ
「幸せや不幸なんて結局のところその人次第だよ」って

でもだよ
選択の機会は必ず誰にも平等で与えられて
キリストの福音は誰にも生きているうちに知る権利があって
そして、飢えず、凍えず、理不尽な暴力を受けない権利も
きっと誰にも平等にあって当たり前のはずなんだよ

そして、その権利が与えられている僕らは
それが、与えられていない人達を見て薄っぺらい
ひどく薄っぺらい憐みを心の中に飼うのさ
でも、そんな薄っぺらい憐みなんかは
受けて当たり前の権利に付随する義務をこなす毎日に
埋没して僕たちを世界平和からまた一歩遠ざけるのさ

自分に出来ることをすれば良いとはよく聞く話だけれども
僕の限界を決める神さまは僕に何をしろとは言ってはくれない
そして、僕は実際に動く人間を見ては、偽善だと間違っているだと
ひどく知識が足りない馬鹿ものだと決めつけて、分裂を招こうとする

そんなことが正しいわけがないと知りながらも、それでも
僕は声を大きくして、君が言う正義は時として人をひどく侮蔑
するのだとまた言うのさ

そう、僕はひどく弱い人間を盾にして強い君を否定したいだけ
なのかもしれない
そして、君は実は素晴らしい人間であるのかもしれないのに
そんなことは無いよと、僕は言い
その口でまた誰もが素晴らしいと、語り始めるのさ

ああ、パラドックス
誰もを否定したくないはずななのに、そうだ、否定したくないのに
何か一つの否定を打ち破ろうとすれば、僕は君を否定してしまう
誰もが、尊重される世界なんてものを望むのがそもそもの間違い
なのかもしれないけれども、そんなものは誰もがあれば良いな
と思うと思うんだ
だから、そいつを作ろうぜ

ああ、僕は君を否定するさ
だから、僕も否定しな
そっから初めてお互いを否定して
そして、お互いを尊重しよう
なあ、世界平和くらい簡単に作ろうぜ

















にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/205-4a548e31



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。