君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ああ、幸せに生きたいな
僕は楽をすることが好きだ
と、言うと誤解をされることが多々ある
僕は楽をするために、サボると誤解をされる
いや、違うんだよ
楽をするためなら、どんな苦労も厭わないつもりなんだ

そんな風に誤解や行き違いが当たり前のこの世界
なんだって、面倒くさいんだろう
誰もが名誉や誇りを求めている
自分が生きていて良いと誰かに言って欲しくて
自分が言いたくて

だからこそ
僕たちはきっと誰かを貶めながら、下を見ていく
でも、たまに見上げた先にいる彼は
僕らを自由と羨み、そして僕らの嫉妬をまた買っていく
上と思った人間は下を羨み、下と思った人間は上を憎む

そんな、世界から抜け出したくて教会に来て
キリスト教を知って
でも、結局のところそこは人間のいるところで
誇りや矜持やら、自己肯定を必要以上に必要とされる場所なんだ

神様が認めてくれているから
だから、君は君は認めなきゃ「いけない」
人を愛さなくては「ならない」
伝道を「しなさい」

福音書から次第に律法書へと姿を変える聖書に
いつしか、何の疑問も抱かなくなってしまえば全てはそこで終わる
聖書を律法書へと変えた君は、人々に解放よりも規律を求めるのさ
そして、君が信じる聖書がいつしか、世界にとっても本物の真実であるかのように
君の中で振舞い始めるのさ

いや、そんなものは教会だけじゃない
いつだって、誰だって
心に、眩しくてさんさんと輝く真実があるんだよ

だけど、そいつは自分を自己増殖させようと躍起になって
誰かの心の太陽を壊して、その中に堂々と居座るつもりなのさ

僕らはそんなクソッタレな太陽に縛られているだけなんだ
だからこそ、冷静に物事を見てみよう

君が言うほど、この世界は終わっているかい?
君が言うほど、人々は嘆き悲しんでいるかい?
君が言うほど、クリスチャンは大した奴かい?
君が言うほど、心は繋がりあっているのかい?

それとも

君が言うほど、僕は間違っているのかい?

そんな、答えは
天国にでも行ったときに分かる話のはずなにに
つい、この世界に天国を望んでしまう僕らは
滅びても、素晴らしさだけは残るのさ











にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/198-8d5bf627



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。