君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽しくて仕方が無いよ
とりあえず、僕が嫌いなことは否定だ
何かを否定することが何よりも嫌いだ
否定することを否定するのかという哲学的なことは
ひとまず横に置いておいて
僕は否定が嫌いなんだ

「間違っている」だの
「こっちが正しい」だの
そんなことに何の意味があるんだかさっぱり分からないんだ
いや、君が正しいと思うのも
間違っていると思うのも
そんなことは君の自由さ
ああ、自由さ

だけど、なぜそれがあたかも真実になるんだい
君の中にある確信に満ちた想いのみでなぜそれが真実なのか
僕にはさっぱり分からない

社会とかいうコミュニティの力を借りて
自分の意見に同調してくれる力を全て自分の力のように見せる
そんな君は僕は嫌いだ

僕の意見を何をもってして否定するんだい?
性別か、年齢か、性格か、生き方か、魂か、心か
なんだって、そんなに不条理なんだい
君と同じ意見は驚くほど否定しないのに

ああ、だからこそ僕は君の意見を否定しないよ
ただ、決して肯定しないだけで
そんな、曖昧な環境でぬるま湯に浸かりながら平和を語ろうよ

キリスト教が正しいだの
イスラム教が間違っているだの
はたまた、ユダヤ教は半分正解だの

この世は腐っているだの
間違っているだの
教会内だけが清いだの

そんな言葉を声高らかに叫ぶよりも
まずは、自分と違う意見の人と軽く握手でもしようぜ
その方が、よっぽど世界は救われる

なあ、どうやったら信念なんざ超えて君と一緒に世界平和を語れるんだい







にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/196-b75e8161



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。