君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カトリック
今日は久しぶりに教会に行った
評判の悪い牧師のメッセージを楽しみにしてたものの
今日は、カトリックの修道女の方が来ていた

メッセージは、カトリックの修道女の話があり
祈りが多いということしか印象に残らなかった

だけど、礼拝が終わった後の懇談会に僕は驚いた
というよりも、自分の無知が恥ずかしくなったんだ

カトリックの意見
クリスチャンじゃなくても、他の宗教でも
それを通して神様の愛、救いを伝わっているのではないか
修道女は教会は、聖なる場所なんかじゃない
人間がいるのだから、どろどろしている
性同一性障害の人達も「良いもの」として作られた

言葉の一つ一つに
こんなバカなと思ったさ
僕の中のカトリックのイメージとまるで違った
もっと古臭くて、そこらのプロテスタント右派より福音的と勝手に決めつけていた

昔ながらの修道女の格好をした人が
まるで、リベラル派のようなことを言っている

なあ、リバイバルを望むプロテスタントの人たちよ
世界はどうやら僕らが知らないところで変わってきているらしいぜ

君たちは、そして僕たちは
その地域の多くがクリスチャンになることをリバイバルと言っていた
だけどもさ
もしかして、リバイバルなんてものはもう既に2000年前に終わっていて
神様の愛とか救いとかは、既に全世界の人に与えらえて
後は僕らがそれに気づくだけ

そんな世界だってありじゃないかい?
僕は、そういった世界が好きなんだ
神様は与えてくれると信じてるんだ

僕の好きな人、好きな人の好きな人の好きな人の好きな人の
そのまた好きな人のすべてが救われて
愛に満ち溢れて、そして幸せな世界

そいつを望むのに
「クリスチャン」じゃなきゃ駄目なのかい
教えておくれ

僕は、ただ君と幸せになりたいだけなんだよ
君の幸せを願わせておくれ
そして、僕の幸せも願ってくれ
価値観を超えた、信仰を超えた、魂を超えた
愛によってそいつを望もうぜ

そいつが今のところの僕の希望だ













にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン








スポンサーサイト


この記事に対するコメント
「修道女」だから「お堅い考え」、
「クリスチャン」だから「超いいひと」、
みたいな先入観は愚かだと感じますね。。。。

【2010/02/22 11:40】 URL | アッサム #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/193-e890c19e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。