君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何も知らない
僕らはよく確信に満ちた物言いをする。
キリストは素晴らしいとか
そういったことを

社会でもよく使う
「常識的に考えて」
って

それは、正しいことなのかな
僕らは自分の個人的な経験に基づいて
他人を判断する

とても、怖いよ
とても、怖い

だからこそ、唯一の判断材料として聖書を用いるのかもしれない
だけど、聖書の解釈すら個人の判断で決まってしまう
僕が君と聖書の読み方が違うようなものだよ

僕は、聖書は人間の意志が相当入っていると思うけど
君はすべて神様の霊感によって書かれたと言うかもしれない

僕らは知っているようで何も知らない
この世は聖書だけでは出来ていない

歴史、文化、そういったものや
個人の感情
全体の感情
思惑
知識
知恵
宗教

僕が知っているものは、その中のほんの一握りだけ
なのに、僕は確信に満ちた物言いをする
僕にはその資格はあるのかい
君にはその資格があるのかい

僕は愛していると言う
でも、君には愛じゃないのかもしれない
僕の憎しみが、君にとっての愛なのかもしれない

今さら相対主義と笑うかもしれないけど
もう一度、ソクラテスに立ち返るのも悪くは無いと思うんだ

僕らはまだ何も知らないんだ
きっとね
僕らの喜びがどこから来るのか
神様から?

いやいや、ちょっと待ってくれ
神様がすべてを解決と君は言うかもしれない
でも、決めつけないでおくれ

神様じゃないかもしれない
いや、「君が思う神様」かもしれない
もっと、素晴らしい神様なのかも

だからこそ、僕らは探求し続けよう
確認作業じゃなくて
救われたから、後はこの人生を突き詰めるだけじゃなくて

発見しよう
素晴らしいものを
愛を
救いを

僕らはきっとまだ何も知らない
世界が平和じゃないのが何よりの証拠だ

だから、もっと
もっと、色々話そうよ

争うのはそれからにしよう










にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/191-d865a8e5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。