君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスチャンってのは救う人じゃない。愛する人だ。
お久しぶりです。
新社会人になったりとなんだりと、かなりの間の放置。
まあ、だからこそ見えてくるものもあるわけで。

クリスチャンに縛られる。
そいつは、僕みたいなキリスト教を疑う人間のこともさすだろう。
「嫌いなら信じ無ければ良いじゃないか」
そんな言葉も聞こえてきそうだ。

だけどね、やっぱりも気になるんだよ。
僕はクリスチャンだから。

クリスチャンとは何をもってしてクリスチャンと言うか。
聖書を信じている人?伝道をしている人?
人々を救いに導く存在かい?

あまり、僕らは図に乗らないほうがいい。
僕らに人を救うことなんて出来やしない。
人を救うのは神様と、そして自分自身の決心だけだ。
僕らは救いに関してはあまりにも無力だと思うんだ。

クリスチャンとはキリストのような人だろう?
だったら、クリスチャンとは愛する人だよ。

じゃあ、愛ってなんだい?
聖書の教えを実行することか。
ああ、その答えは一見正しそうだね。
なんてたって、聖書は神の書いた書物だ。
まるで、間違いがなさそうだ。

だけどね、たとえ聖書が正したくたってそれに沿えば愛になるだなんて思わないよ、僕は。
接客のマニュアルをそのまま使っても良い接客にはならないようにね。
君の心が入っていない愛なんてものは存在しないんだ。

神様が言っているから。
聖書に書いているから。
だから、君は僕に親切なのかい?

僕は君と仲良くなりたいんだ。
君の頭の中の神様や、君の手にある聖書の言葉を聞きたいわけじゃないんだ。
僕は、君の言葉が聞きたいんだよ。

いくら世界平和を謳っても
いくら隣人への愛を謳っても
いくら人々の貧困を嘆いても
いくら子供の餓死を嘆いても
いくら他の宗教を否定しようとしても
いくらキリスト教を真実だと言おうとも

それが愛から出ていなければ何も叶うことはないんだろうね。
そのぐらい、愛ってやつは大きいんだよ。
太刀打ちできやしない。

教会に行っていなくても
過ちを犯しても
セックスをしていても
殺人を犯そうが
ゲイであろうが
バイであろうが
レズビアンであろうが
オナニーしていようが
風俗で働いていようと
暴力団に入っていようと
陰で友達の悪口を言っていようと
教会の人を内心で疎ましく思っていようと
嘘をついて、自分が最低だと思っても
親友を裏切っても
親不幸をしていても
体の病に侵されていようが
心の病に侵されていようが
癒されなくても
祈りが応えられなくても
悲しくても
憎くても
辛くても

それでも、君の中には愛があるんだよ
だから、君は生きているんだ。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
お久しぶりです!
また一重まぶたさん記事が読めて嬉しいです

久しぶりの記事を読んでいてやっぱり一重まぶたさんは愛へのこだわりが強いなとおもいました
【2009/04/24 21:27】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>sixteenさん
お久しぶりです。
愛へのこだわりは強いですね。
というよりもこの世は愛で出来てると思っていますよ。
【2009/04/24 22:21】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/180-6ff20241



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。