君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただ一つの死
人は生まれながらに平等であると思う
それは、人は生まれながらに死ぬからということを僕らは知っているから
人は、死んだ後は自分のために何一つ残せない
善行も、悪行もすべてはこの世に残っていく
だからこそ、人は生まれながらに平等だと思う

僕等クリスチャンは死後の世界を知っていると思っているからすぐに忘れがちになってしまう
僕等クリスチャンといえど、その信仰が正しかったとしても
死んだ後には、ただ神様の御手の中の存在なんだぜ
この世の中では、特に無力
いや、平等なんだ

そのことを忘れて憐れみだとか、伝道だとか言っても説得力が無いんだぜ
平等ということを忘れていやしないか
知らず知らずのうちに、自分達が正しいだとかの使命感に酔ってはいないか
僕等は、僕だ
単なる僕だ

僕等は、自分が最も低い人物だと思うくらいに低くならなきゃいけないんだろう?
だったら、なんだってクリスチャンの世界がベストだなんていうんだい
この世の人の人生だって素晴らしいじゃないか
平等にすべてが素晴らしいじゃないか

特権意識なんざドブに捨ててしまえ
僕は自分をくだらないと思っているよ
それこそが誇りだもの
おかげで全部の人が素晴らしく見えるぜ!
自分を素晴らしいと思えないのが難点だけどね

この世は平等だよ
誰かそれをイスラエルに教えてやってくれ




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=14901
過去の小説をこっちにアップしました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
自分をくだらないと思うことによって他の人をすばらしく思えるというのはかなしいです
なんだか自分に価値を見出せず人をさげすんでしまう人に似ているって思ってしまうんです
いつか神さまを愛するには目の前の人間を愛せなければ…とコメントしましたが、目の前の人間を愛するには自分も愛せなければと思います
なんていうわたしも自分の性格を受け入れようと必死の努力の最中ですが笑
【2009/02/01 19:33】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

そうなんですよ。それが僕の欠点です。
自分を価値あるものと知識の上ではいえる。
でも、感情的な部分で言えない、
克服していく問題ですよね。
【2009/02/01 21:56】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/177-6ac6844a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。